U-NEXTの評判を検証!使って分かった本当のデメリットとは?[2018年の口コミ/評価]

「U-NEXTって最近聞くけど評判はどうなの?」

「利用する前に知っておくべき事ってある?」

そんな疑問に答えるべく、U-NEXTの評判の検証と実際に使っている私の感想をまとめました。

U-NEXTさん、ネット上では評判が悪い…

ネット上の評判を見てみるとなかなか言いたい放題言われてる感があります。

しかし、そんな悪評判の中には過去の情報であったり単なる悪口都市伝説

風説の流布と言っても差し支えないものまで混ざっています。

U-NEXTのサービスは改善され続けてるので、最新の正しい情報を見極める必要があります。

U-NEXTの悪い評判① 過去のサービス編

パソコン

クロームで見れない

以前はChromeブラウザで見ることが出来ませんでした。

この問題は2015年にU-NEXTがリニューアルした際に改善され、今ではどのブラウザでも視聴することが出来ます

U-NEXTの悪い評判② 現在のサービス編

U-NEXT ポイント

料金が高い

U-NEXTは他の動画配信サービスと比較すると料金が飛び抜けて高いです。

定額制動画配信サービスの最安値はAmazonプライム(ビデオ)を年間払いしたときの300円(税抜き)だと思いますが、その他のサービスも1000円を下回るものがほとんどです。

このためU-NEXTのコンテンツに魅力を感じない人からはU-NEXTの1990円(税抜き)という料金設定は叩かれる格好のネタとなります。

見放題と個別課金が混在している

動画配信サービスは月額料金だけで見ることが出来る見放題作品(SVOD)と別途支払いが必要な個別課金作品(EST/TVOD)に分かれます。

U-NEXTは見放題作品と個別課金作品を扱っているため「無料で見放題だと聞いていたのに、見たい作品は個別課金が必要だった…がっかり。」という評判が多いです。

これはU-NEXTに限ったことではなく、最新作や人気作を扱っている動画配信サービスであれば個別課金が必要になってしまいます。

解約が面倒

U-NEXTの評判の一つに解約が面倒というものがあります。

解約ページから実際に解約が完了するまでに3ページの「引き止め」があるので少し面倒に感じるかもしれません。

しかし実際には「引き止め」ページは読み飛ばして遷移するだけで良く、解約は1分程度で完了します。

おそらく電話で解約しようとすると、それこそ面倒な「引き止め」に合うのかもしれません。

解約はネットから行えばスムーズです。

U-NEXTの悪い評判③ 都市伝説編

お問い合わせ 動画配信サービス

解約できない・解約しても料金が発生する

ネット上のU-NEXTに関する評判に「解約できない」「解約しても料金が発生する」というものがあります。

具体的には「解約したはずなのに料金が請求された」「動画配信サービスは解約できたが音楽サービスの契約が残っていた」などです。

これらのほとんどがユーザーの不注意によるものであると推測されます。

なぜなら本当にユーザーに落ち度がなければとうに裁判沙汰になっているからです。

ありがちなのが「解約が完了する前にページを遷移してしまう」などのケースです。

そのような場合ユーザーは解約したと思っていますが実際には解約に至っていないので行き違いが生じてしまいます。

また「解約していない契約が残っていた」「気付いたら無料期間を過ぎていた」というのはユーザーの単なるうっかりミスです。

特に初心者の場合、ログアウトやアプリのアンインストールを「解約」だと思っているユーザーも居るようです。

正直、このようなことで責められるのはU-NEXTが可哀想ですよね。

しかし、実際に利用することでU-NEXTの本当のデメリットが見えてきたのでお伝えします。

使って分かった U-NEXTの「本当のデメリット」

デメリット

入会日が起算日にならない

料金システムはもっと丁寧に説明するべきだと感じました。

U-NEXTは「月」単位で料金が発生します。

入会日が起算日にならないのです。

すなわち、U-NEXTは利用日数がたとえ1日でも月額料金が満額発生します。

例えば、9月30日に有料会員になった場合は9月30日に9月分の料金、10月1日に10月分の料金が発生します。

10月2日に解約しても2ヶ月分の利用料金が請求されます。

日割り計算もされない

U-NEXTは日割り計算もされません。

9月30日に有料会員になった場合、「9月は1日間だけの利用だから今月は72円ね」とはなりません。

たった一日の利用で1990円(税抜き)満額請求されます。

ネット上に溢れるU-NEXTへの罵声のほとんどは、この料金システムを説明しきれていないせいだと思います。

電子書籍アプリだけは本当に使いにくい

U-NEXTのサービスの一つに電子書籍サービスがあります。

そのアプリ「BookPlace Reader」が使いにくいです。

というか実際的に使えません(未だにAndroid8.0に未対応)。

一応、抜け道(?)のような使い方はできますが使用感は他の電子書籍サービスに比べるとページ遷移がもたつく印象があります。

動画配信サービス「U-NEXT」が展開する電子書籍サービスアプリ「BookPlace」。 U-NEXTの電子書籍は32万冊以上の書籍・漫画・ラノベ等のラインナップを誇り、月額会員であれば70誌以上の雑誌が追加料金無しで読み放題となるお得なサービスです。その屋台骨を支えるBookPlaceの使い勝手はいかに…体験レビューしました。

BookPlace公式サイトトップページにAndroid8.0に対応していないことが明記されていますが…

2017-09-19
Android 8.0 Oreo でのBookPlaceReaderのご利用について

いつもU-NEXTをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Google社より配信されました Android 8.0 Oreo において
『BookPlace Reader』Android版は現在非対応となっております。

アプリのアップデートでAndroid 8.0への対応を予定しておりますが、
それまではアップデートをお控えいただくか、別のデバイスでのご利用をお願いいたします。
対象のお客様につきましては、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

今後ともU-NEXTをご愛顧いただきますよう、お願いいたします。

1年間未対応のままです。

スマホだけでU-NEXTを利用し「抜け道」を知らない方にとっては死活問題です。

早急に改善願います。

U-NEXTのメリット

毎月1200ポイントが付与される

U-NEXTの月額料金は1990円(税抜き)ですが毎月1200ポイントが付与されます。

レートは1ポイント=1円ですので実質的に790円で見放題サービスを利用できることになります。

U-NEXTの見放題作品数は80000本以上で動画配信サービストップクラスの配信数を誇っています。

そのため、ポイントバックを考慮すればかなりお得であることがわかると思います。

受け取ったポイントで最新映画や電子書籍などを購入することが出来ます。

普段から映画や電子書籍を購入している人はU-NEXTに一本化することでお金を管理しやすくなります。

最新作が購入できる

U-NEXTは最新作の配信が早いです。

作品によってはレンタルが開始する前に先行配信することもあります。

PPV(個別課金)作品があるということは新作映画好きやレンタルショップが近所にない人にとってメリットです。

FOXチャンネルがみれる

U-NEXTでは追加料金無しでFOXチャンネルのリアルタイム配信を見ることが出来ます。

2018年の10月からウォーキング・デッドのシーズン9が始まりますが、U-NEXTのFOXチャンネルでも10月8日の22時からウォーキング・デッドのシーズン9の第1話が配信されます。

U-NEXTではウォーキング・デッドのシーズン9を日本最速で見ることが出来ます。

映画チケットが購入できる

U-NEXTポイントは映画チケットと交換できます。

一般料金の場合、現金で購入するよりもちょっぴり安く手に入れることができます。

70誌以上の雑誌が読み放題

U-NEXTの電子書籍サービスでは70誌以上の雑誌が読み放題です。

上述の通りスマホアプリは使いにくいですが、それでも「抜け道」やパソコンから視聴すれば十分利用価値があります。

オススメは今まで興味がなかった雑誌を流し読みすることです。

新しい趣味が見つかったりするので結構楽しいです。

アダルト・グラビアが見れる

U-NEXTはAV(アダルトビデオ)やIV(イメージビデオ)も配信しています。

一般作品とアダルト作品を一つの契約で見れるサービスは珍しいです。

アダルト作品も一般作品と同様に見放題と個別課金作品に分かれます。

アカウントごとにペアレンタルロック(視聴制限)を設けることも出来ます。

こっそりAVを見るためにU-NEXTを契約しているパパ・ママもいるかも知れませんね。

ダウンロード(オフライン再生)できる

U-NEXTはオフライン再生に対応しています。

オフライン再生というのは期間限定(最長48時間)のダウンロード機能で事前にデータをダウンロードしておくことでWiFiが使えないような場所でも快適に動画を見ることが出来るサービスです。

通勤やランチタイムなどに通信環境を気にせず動画を楽しむことが出来ます。

アカウントを4つ作れて、すべて同時視聴できる

U-NEXTではアカウントを4つまで作る事ができます。

また、4つのアカウントすべて同時に動画を再生することが出来ます

電子書籍サービスも同様に同時視聴することが可能です。

複数で使い分ければ使い分けるほど、実質的な利用料金が安くなります。

U-NEXTはこんな人におすすめ

U-NEXT 複数アカウント

  • 新作映画が見たい方
  • 旧作をいっぱい見たい方
  • 家族で使いたい方
  • こっそりAVが見たい方
  • 雑誌をいっぱい読みたい方
  • 通勤・通学・ランチタイムなどに動画を見たい方
  • TWD season9を日本最速で見たい方

前提として、ある程度ネットサービスの利用に慣れている方向けだと思います。

そして普段から映画や電子書籍を購入している方や、TSUTAYAなどのレンタルサービスを利用している方には最適です。

ネットサービスに慣れていない初心者の方は、

  • 配信するすべての作品が見放題作品(個別課金作品がない)
  • 入会日が起算日

であるHuluもオススメです。

U-NEXTの評判を検証!まとめ

U-NEXT Fire TV Stick 無料トライアル

月額料金が高い、PPV(個別課金作品)が多いというのはユーザーにとってのメリットを担保しうるため本当のデメリットとは言えません。

U-NEXTの料金システムと電子書籍サービスには使い勝手の悪さを感じますが動画配信サービスには不満は感じていません。

U-NEXTのコンテンツに1990円支払う価値があるか、31日間の無料トライアルで確かめてみてください。

無料でU-NEXTを試してみる

※無料期間中に解約できます。

動画配信サービス 比較