エロい映画まとめ【濡れ場・ラブシーン・ベッドシーン】邦画版


女優の濡れ場などのエロいシーンがある映画(邦画)をまとめました。

エロい映画まとめ【濡れ場・ラブシーン・ベッドシーン】

娼年

娼年
出演者
  • 松坂桃李
  • 真飛聖
  • 冨手麻妙
  • 猪塚健太
  • 桜井ユキ 他

ココがエロい

  1. 松坂桃李によるAV並のプレイ

あらすじ

名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

松坂桃李のセックスシーンが満載の映画です。はっきり言ってキュンとくるとかそんな気持ちにはなりませんでした。(笑)最初から最後までまるでAVを見ているようでした。松坂桃李の高速腰使いに手マンは絶対痛いだろと思いました。(笑)色んな性癖の客を相手にする中で印象的だったのが放尿を見るのと寝取られのシーンです。放尿のシーンは真面目な人にもこんな性癖があるんだなと意外で、世の中にも真面目に見えて実はすごい性癖の人がいるのかなーと思いました。寝取られのシーンは何故に松坂桃李サングラスかけてるの!?と笑えてきたしそれを見ながらオナニーをする旦那にも笑えてきてしまいました。松坂桃李の体当たり演技は本当に色んな意味で頑張ったなと拍手を送りたくなる映画です。

へルタースケルター

へルタースケルター
出演者
  • 沢尻エリカ
  • 大森南朋
  • 寺島しのぶ
  • 綾野剛
  • 水原希子 他

ココがエロい

  1. 沢尻エリカと窪塚洋介のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

芸能界のトップに君臨するスーパースターのりりこ。絶大な人気を誇っていたが、じつは彼女は全身整形で美しくなったという秘密を抱えていた。そんな矢先、りりこの通う美容クリニックで犯罪行為が行われており、りりこ自身も整形の後遺症に苦しめられていた。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

冒頭から描写が過激で、主演の沢尻エリカさんのセックスシーンがリアルで驚きました。欲に塗れた芸能界という世界で、登場人物たちがどんどん壊れていく姿がぞっとするものでした。華やかな世界に見えて、実はすごく怖い世界でした。全身整形で完璧なルックスを持つ主人公を演じた沢尻エリカさんがとても美しいです。トップに上り詰めた主人公が陥落していく変貌ぶり、あれは沢尻さんだからこそ演じられた役だと思います。圧巻の演技でしたが、内容がディープすぎて見終わったあとにどっと疲れが出てしまいました。蜷川実花さんが作り出した極彩色豊かな世界観も、他の監督には出せない味で、とても印象的です。内容がディープなだけに、そのギャップがすごく良いと思いました。

蛇にピアス

蛇にピアス
出演者
  • 吉高由里子
  • 高良健吾
  • ARATA
  • あびる優
  • ソニン 他

ココがエロい

  1. 吉高由里子のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

蛇のように舌先が割れた“スプリット・タン”を持つ男・アマと出会った19歳のルイ。アマの紹介で彫り師のシバとも知り合った彼女は、自らの舌にピアスを開け、背中には入れ墨を彫る。痛みと快楽に身を委ねるルイだったが、どこか満たされぬ思いを抱え…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

原作は小説の実写版ですが、登場人物のインパクトが大きく、特に高良健吾演じるアマとARATA演じるシバさんのピアスと刺青が凄く、衝撃的でした。主人公のルイ演じる吉高由里子は、都会によくいる不安定な生活をしている女の子をごく自然に演じていました。ルイとアマが恋人関係になるのですが、ルイが刺青を施すシバさんとも関係を持ち、この2人の濡れ場シーンが暴力的でゾクゾクしました。ストーリー展開としては、アマが何者かに殺害され、犯人がわからず、日に日に弱っていくルイをシバさんが支えるのですが、所々、犯人がシバさんであることが暗示されます。最後まで真相は分かりませんが、シバさん犯人説が濃厚で、その動機などを色々と推測できる結末です。

あゝ、荒野

あゝ、荒野
出演者
  • 菅田将暉
  • ヤン・イクチュン
  • 木下あかり
  • モロ師岡
  • 高橋和也 他

ココがエロい

  1. 菅田将暉と木下あかりの濡れ場シーンあり

あらすじ

幼い頃、母に捨てられた青年・新次は、吃音に悩む心優しい男・建二と出会う。見た目も性格も対照的な2人は、共にプロボクサーを目指すことに。深い絆と友情を育み、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできない宿命に直面する。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

これは一言で表すと「肉体派」の映画だ。核となるボクシングは勿論、セックスや食事や喧嘩が生身の肉体の躍動としてスクリーンから熱量をもって伝わってくる。舞台は近未来の歌舞伎町で、登場人物の1人が自ら起こすある事件をネット配信するような、現代的といえる場面がある一方、彼らの活動はまさに学生運動を彷彿させるものであるなど昭和の泥臭い雰囲気も色濃く漂い、混沌とした空気感に魅入られてしまう。ユースケ・サンタマリア演じる、左目の見えない元ボクサーの呼び名が「片目」というところには、昭和どころか戦後間もなくのような猥雑さとエネルギッシュさも感じさせられる。舞台設定だけでなく人間関係も濃厚で、ご都合主義に思える部分(主要人物の関係者が色々なところでつながりすぎる)も多々あるのだが、それが気にならないくらいの圧倒的なパワーがスクリーンから迸っている。

海を感じる時

海を感じる時
出演者
  • 市川由衣
  • 池松壮亮
  • 阪井まどか
  • 高尾祥子
  • 三浦誠己 他

ココがエロい

  1. 市川由衣(乳首解禁)と池松壮亮の濡れ場シーンあり

あらすじ

高校の新聞部で顔を合わせた先輩の洋からキスを迫られた恵美子は、衝動的に体をあずけてしまう。洋は女の人の体に興味があっただけで、誰でもよかったと恵美子を拒絶するが、愛を知らない恵美子は洋を求め続け、しだいに自分の中の“女”を目覚めさせていく。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

市川由衣さんと池松壮亮さんとのベッドシーンは沢山ありますが、その中でとてもセクシーに感じるのは動物園を見に行った帰りに雨に降られた二人が濡れたままアパートで絡むシーンがとてもドキドキします。「海を感じる時」ときいてベッドシーンが多いと思われるかもしれません。確かにそうですが、しかしこの映画の一番の見所はリアルな恋愛の虚無感と男女の温度差の描写だと思います。高校生の時からセフレ関係で洋にとって恵美子は本当に単なる体だけの関係だったはずが、長年一緒にいる愛着から冷たい態度からかなり軟化されます。終盤に恵美子の手料理を食べながらニコニコと完全に油断した顔が熟年離婚を言い渡される前の夫のような滑稽さがありました。今まで散々ないがしろにしたのに他の男とセックスされて、スッキリしたような気もします。しかしその男性とのセックスも決して幸せなものでもなかったので、洋に「他の男と寝た」と伝えたところで非常に虚しい感じも同時にあって、恵美子のとる行動がリアルで共感できます。上手くいえない恋愛の苦しい感情がこの映画に詰まっていて、時々見返したくなります。

最低。

最低。
出演者
  • 森口彩乃
  • 佐々木心音
  • 山田愛奈
  • 忍成修吾
  • 森岡龍 他

ココがエロい

  1. 森口彩乃・佐々木心音のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

主婦・美穂は空虚な日常に耐えきれず新しい世界の扉を開くためにAV出演を決意する。女子高生・あやこは奔放な母親の過去に振り回される。人気AV女優の彩乃は誇りを持ちながら仕事をこなしていたが、ある時母親にその現況がばれてしまい…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

割と楽しみにして視聴しました。現AV女優の佐倉まなさんが原作者ということでどんな感じの映画なのか気になっていましたが、最後までよくわからない映画という印象でした。世間の厳しさを表現したかったのかもしれませんが、それにしてはちょっと内容が薄かったように思いました。

良かった点としては、無名の俳優さんが多かったので、先入観無しで視聴できましたし、性描写の臨場感はありました。
しかし、女性達の接点ばかりが気になって、気づいたらそのまま終わってしまったので、ポカーンとしてしまいました。
結局はオムニバス的な作品なのですが、1つの繋がっている作品と思ってしまうような展開にしてしまっているので、「あれ?」みたいな拍子抜けしてしまう作品でした。

そこのみにて光輝く

そこのみにて光輝く
出演者
  • 綾野剛
  • 池脇千鶴
  • 菅田将暉
  • 高橋和也
  • 火野正平 他

ココがエロい

  1. 池脇千鶴と綾野剛の濡れ場シーンあり

あらすじ

函館で何もせずに生活していた達夫は、気が荒いもののフレンドリーな青年・拓児と親しくなり、彼の住むバラックの家で姉・千夏を紹介される。達夫と千夏は引かれ合うようになり、ついに2人は結ばれる。ところがある日、達夫は千夏の衝撃的な事実を知り…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

これほどの貧困が現代の日本にあるのか。きっとどこかにはあるのだと頭では理解していても、実際映像で見せられるとなかなか衝撃的である。掘っ立て小屋のような家でひっそりと生きる家族。父は寝たきり、母は介護に疲れ、弟は仮釈放中、姉は生活のために身体を売る。この前科者の弟を演じる菅田将暉の鉄砲玉のようにまっすぐなキャラクターが、純粋で危なっかしくて魅力的だ。弟とパチンコ屋で仲良くなった主人公(綾野剛)が彼の家を訪ねるところから、物語が動き出す。彼と姉は互いに惹かれ合うが、その過程に心情を説明するような台詞がほとんどないので、唐突に感じる場面もあった。が、人の行動はすべて説明できるものじゃない、本人にも理由がわからないけれどどうしようもなく惹かれることがあるという点で非常にリアルでもある。2人が愛し合うシーンの静謐さ、神々しさには息をのむ。弟が姉のために起こしてしまうある事件が彼らに再び影を落とすが、ポスタービジュアルにもなっているラストシーンの2人を包む朝の光は希望の光だと信じたくなる。

みんな!エスパーだよ!

みんな!エスパーだよ!
出演者
  • 染谷将太
  • 池田エライザ
  • 真野恵里菜
  • マキタスポーツ
  • 深水元基 他

ココがエロい

  1. 池田エライザのセクシーシーンあり

あらすじ

エッチな妄想ばかりしている愛知県東三河の高校生・嘉郎。心の声が聞こえるテレパシー能力に目覚めた彼は、自分以外にもエスパーがいることを知る。さらに、かつてエスパーたちが悪の超能力者に惨殺された事件が、東三河で繰り返されようとしていると知り…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

これは今活躍している女優が出ている素晴らしい作品です。おそらくここで注目され,ブレイクしたのではないでしょうか。
まずは一言で言うなら男の欲望が詰まった映画とでもいいましょうか。童貞を殺す空手でヒットしている清水あいりさんのあの喋り方や動き,水着姿には今でも興奮します。また,みなさんが大好きな池田エライザさんの濡れ場は何度観たことでしょうか。汗をかいてあんなことをするなんて。主人公は男ですが,その行動力の無さがなんとももどかしい。「はやく!そこいけよ!視聴者の俺らのために!」と言いかけてしまうほどです。
全体を通してエロさで興奮し,内容があまり入ってこないものです。興奮したい方は観てもいいと思いますが,映画として楽しみたい方はあまりおすすめはできません。

日本で一番悪い奴ら

日本で一番悪い奴ら
出演者
  • 綾野剛
  • YOUNG DAIS
  • 植野行雄
  • 矢吹春奈
  • 瀧内公美 他

ココがエロい

  1. 綾野剛と矢吹春奈の濡れ場シーンあり

あらすじ

腕っぷしの強さを買われ、北海道警の刑事となった諸星。先輩から刑事としての点数を稼ぐために“S(スパイ)”を作れとアドバイスされた彼は、暴力団幹部と麻薬の運び屋、拳銃横流しに精通するパキスタン人をSにするが、そこから違法捜査に手を染めていき…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

最初は朴訥で生真面目だった柔道青年が、道警に拾われ成り上がっていくが、その行き着く果ては破滅、という作品。
軽やかなテンポと重みのある展開が両立していて、見応えがあった。

「道警のために」ただその一心で行動がどんどんエスカレートしていく主人公、諸星はあまりにも滅茶苦茶だ。けれどもどこか憎めない雰囲気を醸し出す。
綾野剛だからこそできた役だろうなと感じる。

スパイとして諸星と手を組む面々も個性的。中村獅童やデニス植野、そしてYOUNG DAIS。

中でもYOUNG DAISは今作において綾野剛に負けずとも劣らないほど印象的な演技をしていたと思う。彼らの掛け合い、じゃれあいは、まるで青春もののように、キラキラしていた。

実話を基にしたフィクションの体だが、警察の組織犯罪を思いっきり告発するという挑戦的な内容。それが見事なまでにエンターテインメントとして成立しているという、破壊力バツグンの作品。

白夜行

白夜行
出演者
  • 堀北真希
  • 高良健吾
  • 姜暢雄
  • 緑友利恵
  • 粟田麗 他

ココがエロい

  1. 堀北真希のレズシーンあり

あらすじ

昭和55年、ある廃屋で質屋店主が殺害される。事件は容疑者死亡で一応解決するが、被害者の息子と容疑者の娘・雪穂の様子が引っ掛かった刑事の笹垣は、単独で捜査を継続。その後、雪穂は美しく成長するが、なぜか彼女の周りで不可解な事件が次々と起き…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

原作小説、テレビドラマの第一シリーズを視聴している作品で、ドラマを始めて見たのが小学生の頃だった事もあり強く記憶に残っている作品です。原作は長編であり、ドラマで11話もある物語を150分にまとめている事もあってかやや駆け足に思えてしまいました。割りと人間味のあるキャラクター達が落ちぶれていくというか、おかしくなっていく過程が心にくる作品だと個人的には思っているので邦画版は少し物足りない印象です。演者の演技含めて軽い感じがしてしまい感動が減っている気がします。ただストーリーは抜群に面白いので邦画から見始めたって人には傑作だと思います。思い出の補正もあってかどうしてもドラマの邦画よく見えてしまいます。

純平、考え直せ

純平、考え直せ
出演者
  • 野村周平
  • 柳ゆり菜
  • 毎熊克哉
  • 岡山天音
  • 佐野岳 他

ココがエロい

  1. 柳ゆり菜と野村周平のヌード濡れ場シーンあり

あらすじ

歌舞伎町のチンピラ・純平は、対立する組の幹部の命を獲ってくるよう命じられる。気持ちが高ぶった純平は、偶然出会ったOL・加奈にそのことを漏らしてしまう。「一緒に逃げよう」という加奈に聞く耳を持たない純平。そこで加奈はSNSで相談するのだが…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

ヤクザの純平が3日後に対立するヤクザの組長を殺せと銃を渡され、その3日間のストーリーが描かれています。
3日間でヒロインと出会い恋に落ちたり、そろヒロインがレイプに遭い、仇を討ちに行ったり、自分の親に会いに行ったりと、短い間で様々な事があります。またその事をヒロインがSNSに投稿していて、その流れから皆が純平が鉄砲玉になる事を考え直せと思うようになるが、最後は組長を殺った後、神社で待ち合わせをしたヒロインの元に純平は来ないと言うストーリーです。当初あまり期待していなかったが、見ているうちに自分がそのSNSを見ているかのような錯覚を起こしながら見ていました。SNSでは様々な事が書かれていて、現実問題とリンクしない事もありますが、もしかすると現実離れしている投稿も現実に起こっているのかなと、思わされました。

私の奴隷になりなさい

私の奴隷になりなさい
出演者
  • 壇蜜
  • 真山明大
  • 板尾創路
  • 西条美咲
  • 美知枝 他

ココがエロい

  1. 壇蜜のSMプレイ、淫語、全裸除毛などあり

あらすじ

先輩OLの香奈に一目惚れした「僕」は、彼女が人妻と知りながらアタックを開始。結局、彼女の方から「セックスしよう」と言われ、誘われるがままに体を重ねていく。そんなある日、香奈の自宅に招待された僕は、香奈がM奴隷であるという衝撃の事実を知り…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

「私の奴隷になりなさい」は、壇蜜のハードなシーンと心の奥底までえぐるような「調教」が話題となった作品です。
一番の見どころは、何といっても壇蜜の表情。絶対服従して、心の奥底まで相手に尽くすときに恍惚とした表情は、何物にも代えがたく美しい。
もちろん、壇蜜の美しさや優美さは作品の中で大きな存在感を持つものです。
しかし、その美しい女性がひざまずき、普段では絶対にしないような行動をさせられていく様子は、見るものの視線を釘付けしてしまうでしょう。
普通の生活をしていれば、首輪をつけられリードでつながれるなどありえないこと。いわば、非日常の空間です。
非日常の中だからこそ、耽美な世界が繰り広げられるのだということを感じさせてくれる作品で、そこが一番の見どころではないでしょうか。

昼顔

昼顔
出演者
  • 上戸彩
  • 斎藤工
  • 伊藤歩
  • 平山浩行
  • 黒沢あすか 他

ココがエロい

  1. 上戸彩と斎藤工のセックスシーンあり

あらすじ

笹本紗和が北野裕一郎と別れざるを得なくなり、夫とも別れひとりになって3年。紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。一方、大学の非常勤講師となっていた北野は講演をある街で行うことに。講演中、彼が客席に目を向けると、そこには紗和の姿があり…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

ドラマで放送していた時から同作品のファンで、公開を楽しみにしていました。映画の序盤は本当にドキドキの連続でした。もう会わないと約束していたのに会ってしまうところから、奥さんに見つかるところまでが本当にヒヤヒヤしながらみていました。奥さんに見つかってからは、やっと二人が結ばれる喜びと、本当にこれでよかったのか?という後味の悪さで微妙な気持ちで見ていました。そして終盤。最悪のラストでした。さわのやりきれない思いは本当に辛かったです。でも、不倫モノとして最後に不倫カップルを結ばせるというラストにはできないという大人の事情もわかります。さわが妊娠していたのがせめてもの救いではないでしょうか。結婚指輪くらいはさわの手に渡って欲しかったです。

花宵道中

花宵道中
出演者
  • 安達祐実
  • 淵上泰史
  • 小篠恵奈
  • 三津谷葉子
  • 多岐川華子 他

ココがエロい

  1. 安達祐実のトップレス濡れ場あり

あらすじ

江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

女優の安達祐実さんの濡れ場があるということで話題になった本作。
楽しみにしていましたが、映画の内容も良かったですし、安達祐実さんはめちゃくちゃ美しかったです。花魁姿に見とれてしまいます。
悲しい生い立ちと過去を背負っている朝霧役がとてもお似合いですし、素敵でした。
濡れ場のシーンが思った以上に長かったのですが、安達祐実さんの濡れ場があるということで視聴する方もいるでしょうから、あれはあれで良かったのかなと思います。
個人的には、最近注目している淵上泰史さんの魅力が素晴らしく良かったと思います。
また少しだけ出演している高岡早紀さんの演技も光っていました。存在感をあそこまで出せる女優は少ないですから高岡早紀さんの演技にも注目して欲しいです。

さくらん

さくらん
出演者
  • 土屋アンナ
  • 椎名桔平
  • 成宮寛貴
  • 木村佳乃
  • 菅野美穂 他

ココがエロい

  1. 土屋アンナ、木村佳乃、菅野美穂の濡れ場シーンあり

あらすじ

吉原遊郭・玉菊屋に売られてきた8歳の少女・きよ葉は、逃亡を試みるが即座に捕まってしまう。トップ花魁・粧ひの挑発に乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は、人気遊女への道を駆け上がっていくが、ある日、客の惣次郎と激しい恋に落ちる。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

この映画の原作は「働きマン」などでおなじみの安野モヨコです。彼女が描く漫画はいつも色気があり、遊郭がテーマになっているためそういったシーンも含まれます。※もちろん映画にも一部そのようなシーンは含まれます
こちらの映画の特徴と言えば、なんといっても監督が蜷川実花、主演が土屋アンナ、そして主題歌が椎名林檎と好きな人が聞いたら全てがとにかく魅力的すぎる豪華な方々の集結作品といったところです。蜷川実花といえば、あの鮮やかな赤などの色を使った色彩表現が特徴的ですが、こちらの作品にもしっかり盛り込まれています。遊女が着る着物、劇中に出てくる金魚など…とにかく鮮やかです。また、内容は基本的に原作の漫画と同じで、幼い頃から遊郭に入る主人公が立派な花魁になろうとするストーリー、そしてその間で生まれる恋心、裏切りなどが描かれています。ストーリーや色彩美だけでなく、やはり主題歌が椎名林檎ということもあり、劇中で流れる彼女の世界観溢れる歌と音楽がまた一層と良く、魅力的に聴こえます。
この3人の集結というだけで、もはや素晴らしく思えますが、是非内容もオススメします。観てよかった、と思える作品であると思います。

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち
出演者
  • 妻夫木聡
  • 池脇千鶴
  • 新井浩文
  • 上野樹里
  • 江口徳子 他

ココがエロい

  1. 妻夫木聡と池脇千鶴のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

深夜に麻雀屋でアルバイトをしている大学生・恒夫は明け方、坂の上から走ってくる乳母車に遭遇。中には包丁を握りしめた少女がいた。ジョゼと名乗る少女は生まれた時から歩けない原因不明の病を患っており、祖母が乳母車に乗せて散歩しているという。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

『ジョゼと虎と魚たち』の原作は田辺聖子の短編小説で、それを読んだことがあったので映画も見ました。若い男女による恋愛と葛藤と自己発見の物語ですが、全体としてはつらつとした感じではなく、むしろ陰鬱でやるせない感じで、そこがむしろリアルでした。
役者さんはみなうまく、主演の妻夫木聡と池脇千鶴は、心の機微まで描くような演技で見事でした。いちばんの見所はやはり二人のベッドシーンで、互いにとまどうような、でも交わらずにはいられないような、どこかシリアスなベッドシーンで、息を呑んで見つめました。池脇千鶴が演ずるジョゼが身体障害者であることにもいろいろ考えさせられました。脇を固めた上野樹里、新井浩文らの演技も俊逸で、全体として派手さはないものの、心に余韻を残す映画でした。

私の男

私の男
出演者
  • 浅野忠信
  • 二階堂ふみ
  • モロ師岡
  • 河井青葉
  • 山田望叶 他

ココがエロい

  1. 二階堂ふみの18歳の誕生日に撮影された濡れ場シーンあり

あらすじ

10歳で孤児となった少女・花は、遠縁の男・淳悟に引き取られる。共に孤独を抱える二人は北海道・紋別の田舎町で寄り添うように生きていたが、6年後、オホーツク海の流氷の上で殺人事件が発生。それを機に花と淳悟は逃げるように町を出て、東京へと向かう。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

二階堂ふみと浅野忠信演がそれぞれ演じる実の親子が、近親相姦の関係を続け、2人の秘密を知った人物を殺害するなど、重たいテーマでショッキングな展開の映画です。最初の舞台は北海道の極寒の地で、一見素朴な女の子の二階堂ふみが浅野忠信の恋人への密かな対抗心や浅野忠信の独占欲がときに垣間見えて、その雰囲気にゾッとします。素朴な子供から成熟した女性を演じた二階堂ふみの演技は良かったです。印象的なシーンはやはり親子の濡れ場ですが、普段の生活の中で自然にそのような展開となるため、非常に生々しいです。そして、2人の濡れ場で、罪悪感から幻想で血の雨が降るシーンは特に印象的で恐怖を感じました。舞台が東京に変わり、人間関係が変わってからも、最後のシーンから、結局2人の関係は続くことが暗示されるので、ゾッとします。

さよなら渓谷

さよなら渓谷
出演者
  • 真木よう子
  • 大西信満
  • 鈴木杏
  • 井浦新
  • 新井浩文 他

ココがエロい

  1. 真木よう子の濡れ場シーンあり

あらすじ

桂川渓谷で起きた幼児殺害事件で、実母が容疑者として逮捕される。その実母と隣家に暮らす俊介が不倫関係にあり、それを証言したのが俊介の内縁の妻・かなこであると知った週刊誌記者の渡辺は、事件を追い続けるうちに15年前に起きたレイプ事件にたどり着く。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

複雑な関係を描いた映画でした。最初は殺人があったので探偵ものの映画と思ったのですが、最初に出てきた2人の男女の奇妙な関係をどんどん暴いていく話でした。最終的にレイプした男とレイプされた女が一緒に暮らしているという事なのですが、最後に幸せになりそうなので女はいなくなってしまいます。お互い不幸になるために2人の生活を続けていると男が言っている事から、女は最初は憎悪しかなかったはずなのに心を許し2人で幸せになろうとしつつある自分に自己嫌悪に近いとまどいがあったのではないかと思います。最後に記者がレイプした男にした質問の答えはわからないまま終わっていますが、おそらく出会った方が良かったと言ったのではないかと思います。男は必ず女を見つけると言っていますので。それは不幸になるためではないと思いたいのですが。最後に、レイプして罪の償いをしようとしている男に対し、その男の後輩が何もなかったかのようにのうのうと生きている所にはやるせなさを感じました、しかし、悲しいことに残念ながら現実はそのようなものなのかもしれませんね。

ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見た
出演者
  • 永山絢斗
  • 田畑智子
  • 窪田正孝
  • 小篠恵奈
  • 田中美晴 他

ココがエロい

  1. 田畑智子のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

無気力な高校生の卓巳は、友人に誘われて訪れた同人誌の販売会で、コスプレ好きの主婦・里美と出会う。卓巳は里美との肉欲に溺れていくが、同級生の七菜に告白されたことで彼女との関係を絶とうとする。しかし、ふたりの情事が里美の夫に知られ…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

こちらの映画の原作も拝読済みですが、甘美でホロ苦い、女性作家特有の繊細でありながら女性心理をそのまま吐き捨てたような丁寧な描写をきちん映像化された印象です。 永山絢斗さんの若い頃のベッドシーンも見所のひとつです。お気に入りのベッドシーンは卓巳と里美がお互いを求めることを止められずに初めてコスプレなしで体を重ねたシーンです。玄関の時点でお互いが我慢できないかのように抱きしめてキスをむさぼる演技に一番ドキドキしました。しかし好きなシーンと好きな登場人物とはまた異なって、一番共感を得た登場人物は卓巳の友人の良太です。卓巳の不倫が高校でバレて、その画像を純子が配っているのをいさめることなく一緒になってコピーを配って、今までの劣等感や沸々とした苛立ちがゆえに人の不幸に対しての悦が爆発したシーンです。それを見て、恐いと苛立ちと同時に自分にも身に覚えがある「あぁ」という溜め息をついてしまったのです。全員がスッキリとした幸せには決してなれない結末を迎えますが、不思議と心が穏やかな印象のまま視聴を終えることができる不思議な感じでした。

うそつきパラドクス

うそつきパラドクス
出演者
  • 本山なみ
  • 真山明大
  • 戸田れい
  • 青野未来
  • ジェントル 他

ココがエロい

  1. 本山なみのトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

草食系男子の八日堂は、憧れの同期の栖佑に対して遠距離恋愛中の彼氏の代用品になることを願い出る。その条件をのんだ栖佑は、恋人に会えない寂しさを紛らわせるために3カ月も八日堂と食事やデートを重ねていく。そんな中、彼女の気持ちに変化が生じ…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

青年を雑誌、ヤングアニマル掲載を動画にした作品で、本山なみが大胆なベットシーンをしています。中でも、徐々にベットシーンになりますが、その過程と2人の雰囲気が何とも言えず、見ごたえが在ります。段々彼を受け入れて行く過程が見たいてとても面白い動画です。最終的には濃厚なベッドシーンが在りますが、2人のこのシーンはポルノ映画としても通用する程です。中でも肉体関係になる前の2人の駆け引きが見ていてあるあると思うシーンが多く自身に置き換えて見てしまいます。ちょこっと触ってみたい、キスしてみたいと男の欲望がとても上手く描かれていて、何度見ても飽きの来ない作品だと思いまます。本山なみさんも主演女優としてとても役に合っていると思いました。

D坂の殺人事件

D坂の殺人事件
出演者
  • 祥子
  • 河合龍之介
  • 木下ほうか
  • 大谷英子
  • 仁科貴 他

ココがエロい

  1. 祥子のフルヌードシーンあり

あらすじ

D坂で蕎麦屋の主人の死体が発見される。警察は自殺と断定するが、そこに疑問を感じた名探偵・明智小五郎と妻の文代は、独自に調査を開始。すると、死体の第一発見者であった古書店主人の美しい妻をめぐって、おぞましい人間関係が浮かび上がってきて…。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

D坂の殺人事件は、江戸川乱歩原作の探偵ものです。江戸川乱歩作品では著名な明智小五郎が探偵として出てくるので、
安定の江戸川乱歩ワールドが好きなら無理なく見られる作品でした。
しかし、原作では心理学と犯罪の関係を根底に、面の皮の一枚下、人間関係のドロドロが日常に添えられる感じの、
良い感じのほの暗さと後味の悪さが良いのですが、映画では緊縛がメインぽく扱っているように見えます。
江戸川乱歩作品にSMは欠かせないのですが、やはり映像にするとそのシーンが目立つなと思いました。
映画の説明では主人公の祥子のオールヌードを称えた官能サスペンスともあったので、焦点がSMよりなのも頷けます。
画面が暗めでぼそぼそ喋る感じも雰囲気があって良かったです。

花芯

花芯
出演者
  • 村川絵梨
  • 林遣都
  • 安藤政信
  • 藤本泉
  • 落合モトキ 他

ココがエロい

  1. 村川絵梨のトップレス濡れ場シーンあり

あらすじ

親の決めた許嫁の雨宮と結婚し、息子を授かった園子。しかし、夫に対して愛情を持てずにいた彼女は、夫の転勤によって移り住んだ京都で夫の上司・越智と出会い、彼を好きになる。初めての恋に戸惑う園子だったが、越智への思いを抑えられなくなっていく。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

主役の女性を演じた村上さんが、女性の色々な表情を表現されていて良かったです。表情だけでなく、仕草でも表現されていて、感情と仕草が非常にマッチしたとても良い演技でした。映画の内容としては、ある種の女性の業(全てではない)といいますかそれを見せられた感じでした、本当はダメなんだろうけれどわかるような、いや、やっぱりわからないという気持ちです。この映画に出てくる主人公の旦那さんは自分本位の感情で妻の事を何もわかっていないのにわかったようなつもりになって押し付けていますし、当時の時代こういう感じの夫婦は多かった気がします。たぶん現代ですと、結婚しなかった、してもすぐに離婚という事になっているでしょう。それでも私はこの主人公の女性に同情できないのは、心は縛れないといって色々な責任をすべて放棄しているのに、他人を責めたり自分勝手な事ばかり言って他人を貶めている点です。だから、映画の中で言われたように本当に冷血な人なんだと思います。魔性の女といいますか、現実では関わりたくない人だなと感じました。

桜姫

桜姫
出演者
  • 日南響子
  • 青木崇高
  • 麻美ゆま
  • 平間美貴
  • 星野あかり 他

ココがエロい

  1. 日南響子の濡れ場シーンあり

あらすじ

高家の名門・吉田左門の1人娘・桜姫は、ある夜、権助という男に襲われる。始めは抵抗していた彼女だが、やがて権助に特別な思いを抱いてしまう。3カ月後、家を飛び出した桜姫は、とある遊郭で「風鈴お姫」として人気を博していた。そこへ、権助が現れて…(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

端的に言うと高貴な姫が遊女になったり恋をしたり女の嫉妬を受けたり、最愛の人の死など色々学びながら妖艶な女性になっていく話だと思いました。映画の中は、色々な性的な行為を示したり、女性の嫉妬のドロドロが描かれているかと思えば、男の遊郭の遊びや雷男を含めたギャグ、最後の方には殺陣ある真面目なシーンがあるといった1つの映画で色々なシーンを観ることが出来て楽しめました。そのような色々な要素があったことや、映画自体が90分ほどで短かったことからすぐに時間が経ってあっという間に見終わりました。真面目な話を観たいという人には合わないかもしれませんが、少し官能的でギャグ要素も欲しいという人にはおススメの映画だと思います。

愛のコリーダ

愛のコリーダ
出演者
  • 藤竜也
  • 松田暎子
  • 中島葵
  • 芹明香
  • 阿部マリ子 他

ココがエロい

  1. 日本初のハードコア・ポルノ。ガチの濡れ場あり

あらすじ

昭和11年、中野の料亭に定という30過ぎの女が女中としてやってくる。彼女は主人・吉蔵と愛欲を交わす関係になるが、彼の妻に知られてしまったためふたりで駆け落ちする。ある旅館にたどり着いたふたりは、部屋にこもってありとあらゆる性行為に耽っていく。(出典元:U-NEXT)

感想(ネタバレ含む)

邦画にしては珍しくお色気のシーンにて本番行為がされていると以前に話題になり、その時に視聴しました。内容は恋愛物の愛憎劇の様な感じで正直面白いかどうかは微妙な所です。阿部定を思わせる内容なのでそこら辺の知識がある方ならもう少し楽しめると思います。事実は小説よりも奇なりと言いますが自分的には平坦な物語に思えました。ただ見所と言えるのはストーリーや内容よりも過激な表現や体当たりすぎる演技にあると思います。映画の撮影と言う本来ありえない状況下で繰り広がるエロは見てはいけない物を見ている様な感じがして下手なAVよりも興奮出来ました。エロを目的にみるのは邪道かもしれないですが凄く良かったです。特に卵を産卵するシーンが好きです。

エロい映画を見るなら「U-NEXT」


国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」では濡れ場映画を見放題で大量配信しています。

U-NEXTには31日間無料トライアルがあるので初めて登録する場合は無料でエロい映画を見まくることができます。

\ 初めて登録する方限定 /

無料期間中に解約できます。

本ページの情報は20年4月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。