【アニメ映画】ピノキオの無料動画を見る(日本語吹き替え/字幕)

『ピノキオ』は「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

『ピノキオ』の日本語吹き替え動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品300円)30日間455円
U-NEXT ○(単品330円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『ピノキオ』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

ディズニー映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にディズニー映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

『ピノキオ』の映画情報

予告編

あらすじ

生き生きとしたアニメーション、アカデミー賞受賞の挿入歌、そして個性的なキャラクターに溢れた『ピノキオ』は、今なお時代を超えて愛され続ける。心優しいゼペットは「いつか本物の子供になるように」と願いながら木のあやつり人形を作る。するとなんと願いが叶い、人形に命が吹き込まれる。”良心”役を務める相棒ジミニー・クリケットと共に、ピノキオは波瀾万丈な冒険に繰り出す。勇敢で正直で思いやりがあれば「本物の子供になれる」と言われたピノキオだが、果たしてその願いはかなうだろうか?

吹き替え声優キャスト

アレキサンダー : 宮川 陽介
オネスト・ジョン : 山田 康雄
コーチマン : 辻村 真人
ジェペット : 熊倉 一雄
ジミニー・クリケット : 肝付 兼太
ストロンボリ : 大塚 周夫
ピノキオ : 初沢 亜利
ブルーフェアリー : 一城 みゆ希
ランプウィック : 新井 昌和

地上波テレビ放送予定

『ピノキオ』の地上波テレビ放送予定はありません。

『ピノキオ』の感想(ネタバレあり)

ピノキオで最も、お薦めのシーンは女神様の初登場シーンです。
人形のピノキオに、命を吹き込む仕草には引き込まれました。
このシーンはまるで、本当に生きているようなアニメーションでした。セルアニメ全盛期の時代で、女神様の登場シーンは周囲の背景や
キャラクターと比べると、キラキラと美しく光っています。
CGのない時代にどんな風に描いたのかが、とても気になるシーンです。その他にも、劇中に流れる音楽が最高です。
ピノキオの劇中に流れる「星に願いを」は名曲です。この曲はアメリカで最も権威のある「グラミー賞」を受賞し、世界中で愛されています。
ディズニーの映画のテーマである、「夢は叶う」を象徴した様な曲ではないでしょうか。
この映画で私が印象的だったシーンは、J・ワシントン・ファウルフェローというキツネにそそのかされて、劇場へと連れていかれるシーンです。このキツネが軽やかに ハイ・ディドゥル・ディー・ディーという歌を歌いながら闊歩するシーンが好きです。
このマーチは聞いていて陽気な気持ちになり、時々口ずさみたくなります。
キツネはピノキオを売り飛ばして金を儲けようとする悪い奴なのですが、私はこの陽気なキツネが大好きです。
口がうまく相手を愉快な気持ちにさせて、悪事を働く姿は見ていて愉快な気持ちになってきます。極悪人というほどの悪人ではありませんが、ディズニー映画はこのような子悪党にもいいキャラがいっぱいいて、その中でもこのキツネは特にいいキャラだと思います。
ピノキオを何度が観た事があるのですが、毎回ハラハラ・ドキドキ・イライラさせられます。
ピノキオがあまり賢くなくて、人の口車にのせられて、気がつかないうちに悪い事をしてしまい、いつも鼻が伸びるというパターンで、イライラさせられる。
ピノキオの鼻が嘘をつくとドンドン伸びてしまうというのが、現代社会にはびこる悪い事を繰り返す人達の事を象徴しているかのごとく、いつもいつも鼻が伸びていますよね。
ピノキオの産みの親であるおじいさんの愛情など気にもかけずに、自分勝手に悪い事をやりたい放題やっていて、いつもいつも何か悪い出来事にぶちあたるピノキオ。
その後には決まって悪さに加担してしまい、悪い事を悪いと理解しておらず、きついお仕置きにあい、少しずつ勉強をして、立派な木製人形から人間の男の子に生まれ変われるまでの感動ストーリーは、最初から最後までハラハラさせられ、ハッピーエンドで肩の荷がおります。
ピノキオは小さい頃から見てきた映画で好きなディズニーアニメ映画の1つです。ピノキオはすごく素敵なお話で、ピノキオは神様から命を吹き込んでもらったけれど、悪いやつに吹き込まれて嘘をついたりして鼻が伸びたりします。だけどすごく純粋で心優しいピノキオはいつも一生懸命なので、見ていて応援したくなります。ピノキオの生みの親のおじいさんもすごく素敵な人で、ピノキオのことを本当の我が子のように愛情を持っているのが伝わります。ピノキオがいなくなって探してる最中にクジラに飲まれてしまったのには驚きましたが最後はピノキオも本当の人間の子供になることができて、ハッピーエンドで良かったです。すごく心が温まる映画だと思います。

最初は、ピノキオは嘘つきで鼻が伸びる、嘘つきの嫌な子供のイメージがあり、しかしストーリーをいまいちよく知らないので、どんなうそをついたのかな、という興味本位で見ました。

そしたら、ピノキオが思っていたイメージと違いびっくりしました。
ピノキオって、うそつきの悪い子供だと思っていたのですが、悪い奴らに騙され、なんだかかわいそうでイメージと正反対のキャラクターに驚きとともに心の中でピノキオに謝りました。

人間になりたいけど人間ではない。
ただ普通の人間のように学校に行き、普通の人間になりたい、かわいそうないい子でした。

私たちが普段当たり前のことが、誰かにとっては当たり前ではなくうらやましいのかもしれない。例えば病気で入院生活の学校に行けない小学生もいるわけで、、そんなことを考えてしまうような内容でした。

ピノキオは私が小さい頃から大好きな作品です。特にピノキオの鼻が長くのびてしまうところは自分のはなと照らし合わせて長く伸びていないか気になってしまっていたことがありました。今となってはバカなこと考えていたなと思っているのですがこの作品は子供たちにとても良いことを伝えていると思います。ついていい嘘といけない嘘など、子供たちの成長の上で見ていて損はない作品だと思っています。それにピノキオを作ったおじいさんはとても優しい顔をしているのでわたしもあんな優しいおばあさんになれればいいなと思います。優しさやや人に対する心遣いを考えさせられる物語なんじゃないかなと思っています。とても良いストーリーなので何度も見たくなる作品です。
ピノキオといえば現代では最早ことわざになっているようなレベルの伝説の物語です。そのことわざの意味は嘘をつくと鼻が伸びるというものです。その通りで嘘をつくと鼻が数センチ伸びるピノキオがどうなるかというのが、この話の醍醐味でした。そもそもピノキオはもともと人形でゼペット爺さんに命を吹き込まれます。そして二人の生活の様子は見ていてワクワクしたり、楽しい気分にしてくれます。そしてピノキオの命の源泉はブルーフェアリーに吹き込まれた正直者になれば人間になれるという祈りでした。生活が進むにつれて少しずつ自立の試練がピノキオに襲いかかりました。そんな時気持ちが弱くなり嘘をつくとペナルティが課せられます。タイムリミットが近づく中でピノキオは真の勇気を振り絞りす。すると本物の人間になるのでした。いい話です。
日本だけではなく世界でも愛されている名作がピノキオだと思います。私も子供の頃に親に促されてみましたが、嘘をつくことがいけないのだと言うことを子供ながらに植え付けられた覚えがあります。また、ピノキオが人間として成長していく姿や苦難を乗り越えようとする姿にわからないながらも応援をしていたことを覚えています。また、自分自身が祖父が大好きだったのでピノキオがおじいさんと交流をする姿にも非常に共感を覚えました。
ハッピーエンドでOLアニメとしてピノキオが存在して良かったと思います。なぜなら世界中の子供たちにとって必ず通る道だからです。
良いイメージを持って大人になって読み返す、またはアニメを視聴することができれば良い思い出になると思います。
幼少期に見た映画ですが割りと怖い映画だなって印象を持っていた気がします。ピノキオは割りとショッキングなシーンが多いと言うか、ピノキオ自身も少し不気味さがあるなって思います。ストロンボリ一に怒られるシーンや人間がロバになってしまうシーン、鼻が伸びるシーン等々怖いと思う場面が多かったです。最後もくじらに飲み込まれてそこから脱出する展開で最初から最後まで薄気味悪さが続く映画だと子供の時は思ってました。大人になって見直すと、全てはピノキオ自身がまいた種であり、この映画は人生の教訓を学べる映画だなっと印象は変わりましたが、当時は理不尽が次々と襲い掛かってきて不幸な主人公だと思ってました。80年も前のアニメなので古くさい印象はありますが、今見ても全然楽しめる名作だと思います。
ピノキオでやっぱり1番印象に残ったのは、嘘をつくたびにピノキオの鼻がどんどん伸びてしまうシーンです。
子供の頃、このシーンのおかげで嘘をつくことをやめた、というか付けなくなったくらいいやだなと思わされた
思い出があります。それから、ピノキオが大きなクジラに飲み込まれてしまい、それを助けにおじいさんもクジラに飲み込まれるシーンです。クジラのお腹の中でふたりは再開します。この不思議な世界観に、引き込まれてしまいます。
ディズニーは世界観が不思議です。ここでは、常識こそ通用しないんだよ、って言われているみたいな気持ちになるので、
むしろ好感と自由な感じがすごく好きです。ピノキオは愛嬌もあってかわいいので、キャラクターとしても好きです。

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

本ページの情報は20年4月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。