【実写映画】シンデレラの見逃し配信を見る|感想まとめ

実写映画『シンデレラ』の見逃し配信は「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

実写映画『シンデレラ』の動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品300円)30日間455円
U-NEXT ○(単品330円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『シンデレラ』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

Disney+ (ディズニープラス)で見放題出来る『シンデレラ』シリーズ作品

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

ディズニー映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にディズニー映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

実写映画『シンデレラ』の映画情報

予告編

あらすじ

ディズニーのシンデレラは、美しさと想像力と魔法が詰まったモダン・クラシックな作品。エラ(リリー・ジェームズ)はまま母(ケイト・ブランシェット)と義理の姉たちにいじめられていたが、自分の運命をつかみ取ろうと決心。お城での舞踏会に参加し、フェアリー・ゴッドマザー(ヘレナ・ボナム・カーター)の助けとガラスの靴のおかげで、魔法が現実のものとなる。

吹き替え声優キャスト

アナスタシア : 加藤 忍
エラの父 : 畠中 洋
シンデレラ : 高畑 充希
ドリゼラ : 新谷 真弓
フェアリー・ゴッドマザー : 朴 璐美
まま母 : 塩田 朋子
国王 : 糸 博
王子 : 城田 優

地上波テレビ放送予定

2020年4月12日(日)21:00~22:54 にテレビ朝日系列で放送。

実写映画『シンデレラ』の感想(ネタバレあり)

ドレスが青色でふわふわとしていて女性なら1度でいいから着てみたいドレスです。実写版のシンデレラはお城もみんなの衣装もキラキラしていてけっこうお金をかけているんだと思いました。またガラスの靴を家に持っていかないでほしかったです。いつ、あの使ってくる姉妹が触るのかわからないからです。シンデレラが階段から降りて王子様が待ってと言っていて本当に愛していると思いました。平民とわかっているのにプリンセスと言っていてもガラスの靴が入る方を探してくれていて王子様が愛しいなと思います。もしもあの時に歌を歌っていなければそのま硝子の靴を持ったまま帰ってしまうんだろうと思ったらきっかけってなにから始まるのかわからないと思いました。ガラスの靴が入ったときのあとのウエディングドレスがとても綺麗でした。
実写版ということで、期待しすぎず見ようと決めていました。だけど、実際に見てみると、映画館で見て良かったと思いました。まず第一に、映像がものすごく綺麗で、見応えがあるのです。DVDより映画館で観て良かったと思いました。原作は何度も何度も見たことがありますが、原作とはまた違ったおもしろさがあり、大人が見やすくなっていました。一番好きなシーンは、ダンスをするシーンです。シンデレラと王子様が魅力的でした。またいじわるなお姉さんたちもキャラが濃くて、原作に近いものがありました。また、おもしろいので展開が早く感じ終わるのがあっという間でした。世界感があり、作品に見入ってしまう、そんな映画でした。表情が見ものでした。
私は「シンデレラ」の中で好きなシーンが2つあります。1つはシンデレラがお城に到着し広間に入り階段を降りるシーンです。他の女性よりもシンプルな青のドレスがシンデレラの魅力を最高に引き立て、王子様も見とれるほどの魅力を出しながら階段を下ります。王子の誘いにより、周囲に見られながらも2人で夢中になり踊るシーンはとても素敵です。2つ目は、踊り終わった後に2人で抜け出し庭を散歩するシーンです。2人がお互いに惹かれ合っているのがよく分かり、少しずつ歩み寄ろうとしていくのが見ていてわかります。しかし、シンデレラは12時の鐘が鳴り終わる前に帰らなくては姿が戻ってしまいます。良いところで引き裂かれ場面はとても切なく可哀想なシーンです。
シンデレラは誰もが子供の時一度は見る映画だと思いますが、女の子はとくにシンデレラに憧れを持つと思います。私もその一人で、継母と義理の姉たちにこき使われて使用人のような生活を送っていたシンデレラに魔法使いが現れて一気にお姫様のように返信できて。本当に夢のようなお話です。原作のシンデレラも大好きでしたが、実写版のシンデレラもすごく素敵でした。王子様がシンデレラが落とした靴でシンデレラ探しを諦めないでくれてよかったです。実写版だとお父様が亡くる前後のお話があるのがすごくよかったです。シンデレラと王子様が美男美女で目の保養になりました。そして原作にないシンデレラと王子様の森での乗馬のシーンがすごく良かったです。
ディズニープリンセスがもともと大好きなので、アニメ作品、実写作品ともに様々な作品を見ています。
2015年実写版シンデレラの1番の魅力は間違いなく画面の美しさです。ドレスや魔法、お城が美しいのはもちろんのこと、画面全体が青系の色調に合わせられており、さらに全体的にきらきらとした雰囲気があります。
また、個人的に私はディズニーの実写作品は元のアニメ作品に忠実に作ってほしいと思っているタイプなのですが、この作品は間違いなくどの実写作品よりもアニメに忠実です。画面の美しさはさながら、アニメをリスペクトしたストーリー構成は、一介のディズニー映画ファンとしては感動的でした。
初めてこの作品を観たのは映画館でしたが、映画館で観てよかったなと思うような(=映像が美しいのでぜひ高画質、大画面で見てほしい)作品です。
本作はとにかくCGがとても精巧に作られており、とても美しかったです。シンデレラのドレスの映像の美しさは圧巻でした。CGだけじゃなく終始流れる綺麗な音楽も楽しめましたし、ディズニー映画でも王道のシンデレラですが、ストーリー展開にいい感じのディズニーらしい装飾もされており、とても良かったです。
ストーリーもしっかりと起承転結が作られており、わかりやすい展開は子どもが観やすいように作られています。序盤は明るいテンポで進みますが、中盤からはやや暗い展開が続きます。そのあとは、魔法使いが出てきた辺りから一気に盛り上がっていくのもとても良かったです。子どもと一緒に見ましたが、大人でも純粋な気持ちを少し取り戻せるほど、癒されますし、楽しいです。
 ディズニー版シンデレラの忠実な実写版。とにかく映像と音楽の美しさが素晴らしい。アニメ版とは異なる実写の良さが感じられる作品。まずシンデレラ役のリリージェームズがシンデレラに適役であった。女の子なら、綺麗なドレスを一度は着てみたいと憧れるだろう。舞踏会の優雅さやドレスアップの魔法のシーンなどプリンセスを引き立てる演出やカメラワークは完璧で非常に目を引かれた。
しかし一方で、少し物足りなさも感じられた。誰しもが知ってるディズニー作品なだけに実写化に対して工夫が必要だと思うが、アラジンや美女と野獣のような大成功作品と比べると、目新しさや原作を超えたような感動が少なかった印象である。
総じて、実写としては成功の部類であると言える。ディズニーが好きな人、男女ともに楽しめる作品である。
シンデレラのブルードレスが、めちゃくちゃ綺麗で、とても素敵でした。シンデレラ役をやっていたリリー・ジェームズさんがとても美しくて映画を見ているとき、ずっと見入ってしまいました。シンデレラは姉妹にいじめられながらも一生懸命、食事の準備をしたり掃除をしたりなにを言われても召使いのように扱われても、その通りに頑張ってきて、ものすごく辛抱強く心の強い女性だなと思いました。王子にガラスの靴を履かせてもらったときのシーンが今でも頭の中に残っていて、そのときの2人のシーンはとても素敵でした。舞踏会でのシンデレラのドレスも素敵でしたが、姉妹達のドレスや他の人が着ているドレスやヒールも女性としての目線で見ていて、とても美しかったです。
何度見てもスカッとするストーリー展開で、正直者は最後に勝利をすると言わんばかりに、主人公が最後に幸せをつかむのが、毎回毎回涙を誘います。シンデレラ自身が美しい魅力的な女性だったからストーリーが展開出来た訳なのですが。意地悪な姉妹と母親に、嫌な事を何でも押し付けられて、毎日毎日文句も言わずに、命令された事をこなすけなげな女性の容、メイクもさせてもらえず、ボロボロな服を着せられていたシワデレラは悲劇のヒロイン。そんな中で魔女に出会って本来美しかったシワデレラが、本当の美しい自分の姿で、ヒーローの心を奪うまで心を鷲掴みにしてしまう、隠しても隠しても現れてきてしまう内側から光輝く心のと見た目の美しさ。人ときの魔法は直ぐにとけてしまい、元の薄汚れた姿に戻ってしまいますが、好きななってしまった心は変えられず。最後に大逆転して彼女の姉妹と母親に驚かれながら成功を掴むサクセスストーリーでした。
この物語は、美しい映像や音楽だけでなく
シンデレラの心に、芯があるところが見どころだと私は思います。今まで、ただ耐えただけで、運良く王子様を得られたのが
シンデレラの物語だと思っていました。でも、シンデレラがしっかりと意思を持ち、勇気とやさしさを忘れずに
自分の人生を生きたからこそ、王子様に見初められ
結ばれることができたのだと、初めてわかりました。一番すごいのは、最後に王子様と一緒に家を出ていくときに、
継母に「あなたを許します」と言ったことです。ひどいことをされて、恨むのが普通だと思うのですが、
継母を許し、すべてを完結させることで
自分と周りのこれからを幸せにする。
なんて心の強い女性なんだろうと、感動しました。心に芯があるからこそ、自分の最高の幸せが何か理解できて
そしてそれを選び取ることができるのだと思います。

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

本ページの情報は20年4月8日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。