アベンジャーズ/エンドゲームの吹き替えはNetflix・Hulu・Amazonプライムで見れる?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の日本語吹き替えは「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の日本語吹き替え動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品399円)30日間455円
U-NEXT ○(単品440円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『アベンジャーズ/エンドゲーム』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

Disney+ (ディズニープラス)で見放題出来るマーベル作品一覧

  • 『アイアンマン2』
  • 『マイティ・ソー』
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
  • 『アベンジャーズ』
  • 『アイアンマン3』
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
  • 『アントマン』
  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
  • 『ドクター・ストレンジ』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
  • 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』
  • 『ブラックパンサー』
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
  • 『アントマン&ワスプ』
  • 『キャプテン・マーベル』
  • NEW『アベンジャーズ/エンドゲーム』

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

ディズニー映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にマーベル映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の映画情報

予告編

あらすじ

最凶の敵・サノスによって人類の半分が消し去られ、最強チーム・アベンジャーズも崩壊する。わずかな希望を信じて再び結束したアイアンマン、キャプテン・アメリカたちは、新たな仲間とともに“今はここにいない”仲間のために最後にして最大の逆襲を始める。

キャスト

エンシェント・ワン : 樋口 可南子
ガモーラ : 朴 璐美
キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル : 水樹 奈々
クリント・バートン/ホークアイ : 宮迫 博之(雨上がり決死隊)
グルート : 遠藤 憲一
サノス : 銀河 万丈
サム・ウィルソン/ファルコン : 溝端 淳平
ジェームズ・ローズ/ウォーマシン : 目黒 光祐
スコット・ラング/アントマン : 木内 秀信
スタン・リー : 高桑 満
スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ : 中村 悠一
ソー : 三宅 健太
トニー・スターク/アイアンマン : 藤原 啓治
ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ : 米倉 涼子
ネビュラ : 森 夏姫
ハワード・スターク : 仲野 裕
ピーター・クイル/スター・ロード : 山寺 宏一
ピーター・パーカー/スパイダーマン : 榎木 淳弥
フリッガ : 滝沢 久美子
ブルース・バナー/ハルク : 宮内 敦士
ペッパー・ポッツ : 小林 さやか
ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ : 内田 有紀
マンティス : 秋元 才加
ロケット : 加藤 浩次(極楽とんぼ)

地上波テレビ放送予定

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の地上波テレビ放送予定はありません。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感想(ネタバレあり)

アベンジャーズ完結篇はいろんな意味で最高の映画でした。
前作でサノスの指パッチンにより、人類の半分が消えてしまい、ヒーローの数も半分に。残ったヒーローたちは、サノスを殺すために探します。で、前半でサノスをみつけてあっさり倒すのですが、まずここで展開がどうなるか不明でした。もう倒したのかと。今回はキャプテンマーベルという最強女ヒーローが参戦していますが、キャラとしては好きだけど、力が強すぎて、参加しないほうがいいのでは。。。と思ってしまいました。メインのアイアンマンが弱く見えてしまう。。。
サノスを倒しても、消えた仲間は戻ってこないので、仲間を戻す方法を考えて出した解決法は、なんとタイムマシン。うーん、タイムマシンがでてきたことで、若干つじつまが合わなくはなっていますが、仕方ないのかなとも思いました。ただこれで、さまざまな過去に行き、大事なシーンがかなりあったので、そこはみていて上手くつくってあるなと思いました。話もかなり作りこんであるので、みていて飽きません。
マーベルシリーズおきまりの笑いのシーンもたくさんあって、シリアスな部分と、笑いの部分のバランスがとてもいいと思いました。
ラストは申し分ない出来です。アイアンマンが命をはって地球を守ることで、物語に深みが出たと思います。意外だったのは、ブラックウィドウが犠牲になったこと。これはとてもショックでした。
アイアンマンの最後の語りは誰もが涙するはず。すばらしいヒーロー映画だと思います。
私はこの映画を見てシリーズモノの凄さを感じました。ヒーローが集まって戦うストーリーで壮大な内容だと思います。
例えば敵にもストーリーがあって善と悪の対立だけではないように思いました。その敵のサノスも強力なキャラクターで好きになりました。
映画の見所はサノスの軍とヒーローが集合して戦うところです。まるでスペクタクル映画のようなシーンが多くて感動しました。特に他のヒーロー映画からもゲストが多数出ていて興奮しました。
良かったのはスパイダーマンとアイアンマンが戦いの中で友情を覚えるところです。しかし友情を感じても戦いの後にアイアンマンは亡くなります。それが今後のストーリーをどう変化させるのかも気になりました。
凄い壮大な映画だったので今後にも期待したいシリーズです。
これまで何年にわたり続いてきたアベンジャーシリーズの完結編。サノスにより世界の半分の人口が消滅してしまった衝撃の事件から3週間後が物語のスタート。ソーによりサノスが倒されひと時の平穏を取り戻す中、消えてしまったはずのアントマンが再び姿を現したことがきっかけで、消えてしまった人たちを取り戻す手がかりを見つける。最終決戦らしくド派手なアクション、ぶつかり合いながらも結束を強めていくヒーローたち、辛く悲しい別れなど、これまでを総結集させるに相応しい映画となっていた。これまでの登場人物はもちろん、エンドゲーム前に公開されていたキャプテンマーベルも超頼りになる助っ人として登場。これまでマーベル映画を見続けていた人は、ラストシーンで号泣すること間違いなしの作品。
地球の半分の人がサノスのよって消されてしまい、アイアンマンは宇宙をさまよっていたのを無事に救出されました。
しかし、トニーは多くの人を失ったショックからアベンジャーズから離れ、家族のために生きる道を選んでいました。
そんなトニーが、心からの幸せを満喫しているような気がせず、他の生き残ったアベンジャーズの人と消された人を取り戻す方法を考えればいいのにと思ってしまいました。
アントマンが、量子の世界から抜け出したことでキャプテンアメリカたちは失った人を取り戻せるのではないかと考えます。
トニーは、最初は協力を渋っていましたがスパイダーマンを失った後悔から脱け出すためにアベンジャーズに戻り作戦に参加し田時には、ほっとしました。
トニーのおかげで、消された半分の人を取り戻すことが出来ましたがその代わりトニーが死んでしまったのは悲しすぎました。
タイトルの割りには、最初コメディシーンがあって、ちょっと驚きました。
ですが、平和なシーンもあって、和やかなムードから始まるのが、逆に良かったと思います。
ですが、そこからまさかいきなり5年後にタイムスリップすると思わず、戸惑いました。
そして、タイムスリップによるものだと気が付き、一気に興味が沸きました。
ですが、ブラックシャドウが命を落としてしまうシーンが、とても切なくて哀しかったです。
この映画は、あまりにも思いがけないことが起こりすぎて、戸惑うことも多かったですが、かなり見ごたえがありました。
世界は守られたけれど、大切な仲間たちを失ったアベンジャーズに、涙が止まりませんでした。
アイアンマンが最期に言った台詞。
「I am Iron man」
この言葉がすべてだったと思います。
アベンジャーズ/エンドゲームは今まで公開されたアベンジャーズシリーズの集大成であり、今までに公開されたMCUの映画で一番迫力があり期待されていた映画だと思います。最後の方の戦いのシーンでMCUで登場したキャラクターのほぼ全員が登場してサノスの軍に対抗しているシーンが迫力があり、アクション映画としてはすごく良かったです。最後サノスがストーンを手にとってまたデシメーションを起こそうとしている時に、トニー・スタークがストーンをサノスから取り返し、自ら「I am Ironman」と言いながら指をスナップし、インフィニティ・ストーンのパワーを発揮させた時には鳥肌が立ち、すごくかっこいいと思います。僕はアイアンマンのファンだったので、その後トニー・スタークが死んでしまったことはすごく悲し結末になってしまったと感じました。
この作品を見るにあたり、アイアンマン他マーベルシリーズを色々見て、挑みましまが、この作品を見た後、それらをもう一度見たくなりました。
エンドゲームは、サノスとの最終決戦ですが、見ていて、手に力が入りました。映像もとても迫力がありました。途中、アベンジャーズの仲間が、手分けして戦うわけですが、ストーリがちょっとあちこちで繰り広げられる感じだったので、若干混乱しました。ここまでの作品をしっかり見ていれば、もっとわかったのかなとも思います。いずれにしても、ストーリーの最後はトニー・スタークが、命がけで、サノスを倒して、もうアイアンマンに会えないかと思うと、とてもトニーロスです。もっと続きをみたいなと思います。
アベンジャーズシリーズの他策にも言えることですが、
まず映像がすごい。マーベルコミックのヒーローたちが揃い踏みというだけあって、
いちいち豪華。そして、きちんとそれぞれのキャラクターの世界観を踏まえたうえで、
渋滞させずに同一タイムラインで成り立てているのはすごい。
(いや、ラストシーンではやや渋滞していたのかも、、?笑)
私はマーベル映画は実は全く観なかったのですが、知人に連れられ観たガーディアンズ・オブ・ギャラクシーにどハマりし、
同じ人に誘われアベンジャーズに入門。
なので他のヒーローたちのバックグラウンドをあまり理解しないまま観てしまい、
疑問に思う事はいくつかありつつも、ストーリー、映像の迫力、キャラクターデザインどれをとってもとても楽しめました。
登場人物が多いだけに、予習がいる(その方が数倍楽しめる)映画だと思います。

アイアンマンとキャプテン・アメリカ。アベンジャーズを代表する二大キャラクターが退場するこの作品で、マーベルが展開してきたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は一つの大きな区切りを迎えることになりました。今回は時を越えた戦い。ドクター・ストレンジが何千、何万回と時を巡りながら見てきた中でのたった一つのサノスに勝利した未来。そのたった一つを手にするため、アベンジャーズが、様々な時代はタイムスリップしていく場面は、スパイ映画を彷彿とさせるスリルがありました。

そして全てが終わった後、タイムトラベルをしたまま人生を生きたキャプテン。年老いたその姿は、とても幸せに満ちているようで、10数年にわたる物語の締めくくりとして、最高だったなと感じました。

アベンジャーズの最終作品となったわけですが私が最も心をひかれたのがアイアンマンことトニースタークです。アイアンマンの単体映画もずっと見ていましたが、まさかこのような形でトニースタークの死を持って映画が終わるとは思ってもいませんでした。また、最後のシーンがトニースタークの死をいたんでアベンジャーズたちが集まり、次なる未来へそれぞれの道を歩んでいく姿が見られるところが非常に感動しました。
今後、マーベル作品がどのようになっていくのか、トニースタークことアイアンマンには何らかの形で復活してほしいと思っていますがアベンジャーズの最終作品としてこのエンドゲームは非常に壮大なスケールで楽しめる作品だったと思います。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

本ページの情報は20年4月8日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。