アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの吹き替えはNetflix・Hulu・Amazonプライムで見れる?

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の日本語吹き替えは「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の日本語吹き替え動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品199円)30日間455円
U-NEXT ○(単品440円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

Disney+ (ディズニープラス)で見放題出来るマーベル作品一覧

  • 『アイアンマン2』
  • 『マイティ・ソー』
  • 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
  • 『アベンジャーズ』
  • 『アイアンマン3』
  • 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
  • 『アントマン』
  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
  • 『ドクター・ストレンジ』
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
  • 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』
  • 『ブラックパンサー』
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
  • 『アントマン&ワスプ』
  • 『キャプテン・マーベル』
  • NEW『アベンジャーズ/エンドゲーム』

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

マーベル映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にマーベル映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の映画情報

予告編

あらすじ

アイアンマンからヒーローとしての責任を託されたスパイダーマン=ピーターは、街の平和を守ることに努めていた。夏休みになり、恋心を抱くMJと友人たちとともにヨーロッパ旅行に出かけたピーターは、フューリーから新たな脅威と戦うことを迫られるが…。

キャスト

(ピーター・パーカー/スパイダーマン) トム・ホランド
(ニック・フューリー) サミュエル・L・ジャクソン
(ミシェル・“MJ”・ジョーンズ) ゼンデイヤ
(マリア・ヒル) コビー・スマルダーズ
(ハッピー・ホーガン) ジョン・ファヴロー
(デル) J・B・スムーヴ
(ネッド) ジェイコブ・バタロン
(ハリントン) マーティン・スター
(メイおばさん) マリサ・トメイ
(クエンティン・ベック/ミステリオ) ジェイク・ギレンホール

地上波テレビ放送予定

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の地上波テレビ放送予定はありません。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の感想(ネタバレあり)

今までのMCU作品に登場したヒーローやキャラクターたちが大集合する、まさに集大成ともいえる作品です。特に、今までは他のヒーローとの絡みがなく単独シリーズでのみ活躍していた大好きなガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が、ついにアイアンマンやソーとともに行動している姿にはかなりアガりました。今までもアベンジャーズなどで複数のヒーローが一緒に戦うことはありましたが、インフィニティ・ウォーは規模が違います。そんな、世界観も活躍している場所もバラバラのキャラクターたちを少しずつ集合させてひとつのストーリーにまとめ上げる脚本や演出の手際の良さにも興奮しました。しかし、サノスの野望が果たされる「ヒーローの完全敗北」とも言えるラストは初見時には言葉も出ないほどショックを受けました。キャプテン・マーベルへのSOS送信が間に合ってよかった…
この作品では敵のサノスが大暴れします。サノスが強すぎて、対抗できるのはソーくらいしかいないのでは。。。と思うくらいです。スケールもかなりアップして、宇宙も加わっているので、まるでドラゴンボールのような大きな戦いに。
ドクターストレンジがかっこよく、アイアンマンと少し雰囲気が被るかも?
彼の技は本当にかっこいいです。
スパイダーマンも参戦してさらに楽しみ倍増。一番子供だけどそこもまた良し。スパイダースーツもトニーに改造してもらって、そこも楽しかったです。
サノスとガモーラとのやりとりもみどころの一つ。サノスは強すぎるし悪なのだけど、どこか憎めないキャラでもあります。
今作はとにかく戦いまくりです。ヒーローがみんなぼこぼこにされます。
そして、サノスにストーンをとられ、指パッチンで人間の半分が消えます。これには本当にショック!!
この先どうなるのか、というまさかの展開で映画は終了。
先が気になる1本です。とても面白いです。
映画館で見て、3時間という長さでしたがあっという間で、後3時間座っていられるから続きを見せて~っというくらい想い白い映画でした。アベンジャーズメンバーが全員活躍していて、ファンにはたまらない作品だったと思います。最初のシーンからソーがサノスに襲われ、ロキが殺されてしまうという衝撃のスタートで、一気に引き込まれました。そこからブルース・バーナーがドクターストレンジに協力を求め、前作でバラバラになっていたAVENGERSが協力してソーに立ち向かいます。今回はソーがガーディアンズのクィルたちも参加でインフィニティーストーンを求め戦うので、どのシーンも重要で目が離せませんでした。唯一アントマンが出てこないので、そこがこの映画の謎で残るところでしたが、何か理由があると思ったので次の映画も絶対みたいと思いました。
マーベルヒーローが集結!
そして最後の指パッチンの前に消えて行くヒーロー達、、、
最強ヴィラン「サノス」が最強すぎてヤバいです。
集結したヒーロー達カッコよすぎます。
この作品をみてエンドゲームが待ち遠しくならない訳がない!
ピーターのシーンは切なくなりましたし、
ヒーロー共闘シーンは本当にアツい!
ソー降臨は敵なし!って感じだったのですが
サノスはやってのけましたね。。。
地球の半分の生命が消えてしまい、どうサノスと戦うんだ。。という絶望感
最後にフューリーがキャプテン・マーベルを呼んで次回作に繋がります。
これまでのMCU作品をあまり観てなくても楽しめましたし、
全部観てから観るとより、楽しめました。
あのヒーローも集結!と過去作品と共にアツい気持ちにさせてくれます。
本当に最高の作品でした。
たくさんの激しいアクションシーンがありかなり面白かったです。終わり方が次に続くという感じで、1年とか2年とか待つのは嫌いなので個人的には全てを一つの映画にまとめて欲しかったのですが、そうすると上映時間が長くなり過ぎてしまうので仕方のないことなのかと思います。大勢のMCUのキャラクターが登場して戦う激しいアクションシーンがたくさんあり、アクション映画好きやマーベルのファンにはたまらない映画だと思います。一番残念なのはヴィジョンがこの映画内で死んでしまったことです。マーベルはもう他の映画のために生き返らせるといことはないと思うので、もし死んでいなかったら他の映画に登場して英語をもっと面白くできたと思います。
サノスが、人類の半分を消すためにインフィニティ・ストーンを全て手に入れようとします。
そのため、アスガルトではロキが殺されてしまいます。
今まで悪役だったロキが、殺されてしまったのは衝撃でした。
ただの悪人にしか見えないサノスが、ガモーラのことだけは愛していたことが彼女を殺したことによって分かりサノスにも愛する者がいたんだと思い少し救われた気がしました。
この映画で一番好きだったのは、ワガンダでアベンジャーズのみんなが地球を守るために必死に闘う姿でした。
感動したのは、ヴィジョンがサノスに石を奪われないために愛するワンダに自分事マインド・ストーンを破壊させるシーンでした。
それでもサノスが、時間を戻してヴィジョンから石を奪った時には悲しかったです。
アベンジャーズの最大の敵であるサノスの考え方、大きくなりすぎた宇宙の生物の半分を死滅させることによって再度新しい世界を作ると言う考え方は場合によっては非常にプラスな考え方だと言う言い方もあると思います。
また、絶対的な力を手に入れるためのストーンがアベンジャーズのそれぞれのヒーローのエピソードにつながっていると言うのはなかなか面白いコンセプトだと思いました。
そして、紆余曲折がありながらもアベンジャーズのメンバーがサノスに立ち向かおうとする姿が共感を覚えました。
インフィニティーウォーの最終場面ではサノスの野望が達成されてしまうところで終わってしまうので、エンドゲームでどのような展開になるか非常に気になりました。
マーベル作品、いや、アメコミ映画の中で最大の衝撃作と言えるのではないでしょうか。生命の数を無作為に半分にするというサノスの野望には私利私欲は全くなく、純粋。だからこそ恐ろしく、強烈に力強い。ただでさえ強いサノスですが、インフィニティストーンを手に入れていくごとに、手のつけられない程の力を身につけていく様子は、ひょっとしてこの作品はスーパーヒーローではなく、スーパーヴィランが主人公なのではないだろうか?と錯覚してしまうほどです。
そして終盤、サノスが指をパチンと鳴らし、消えてゆくヒーロー達……。特にスパイダーマン、ピーター・パーカーが消えてゆく姿は涙を誘いました。そして半分の命が消え去った世界で、穏やかな表情を見せるサノスの姿にどうしようもない絶望を抱き、しばらくは放心状態に陥りました。
アベンジャーズシリーズ後半の本作。
何と言っても魅力はサノス軍VSアベンジャーズの壮大な戦いでしょう。
過去一番強力な敵であるサノスに対して戦うのですが、苦戦を強いられます。特にラストが衝撃的すぎます。
映画館で当時見ていた人達は口をあんぐり開けて放心状態になっていたのではないでしょうか?
私はなりました。「アベンジャーズ/エンドゲーム」に繋がる本作。頼りになる助っ人、ドクター・ストレンジ、アイアン・スパイダーの初披露もしています。スパイダーマンシリーズが好きな人にもオススメです。理想の視聴の仕方は今までのアベンジャーズシリーズを見てから、です。そうすることによって、よりアベンジャーズの面白い世界に浸ることができることでしょう
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」はマーベル映画のひとつで、ヒーロー集団「アベンジャーズ」が活躍するシリーズの1本です。宇宙の全生命を半分に減らすことでバランスをもたらそうという大義のもと、力と恐怖で宇宙を支配してきたサノスと呼ばれる異星人が、全能の力を手に入れるために必要な不思議な石を求めてついに地球にも手を伸ばします。しかし、物語の舞台は地球だけではなく、宇宙のあらゆる場所で展開されます。アベンジャーズのメンバーたちは一致団結してサノスの手に石が渡らないように警戒しますが、やがてサノスの思惑通り、石はその手に渡ってしまいます。そして宇宙の生命は本当に半分に減らされてしまうのでした。監督を務めたのは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」での見事な手腕を発揮したルッソ兄弟。「インフィニティ・ウォー」でも複雑に入り乱れるいくつものエピソードをうまくまとめており、初めて知るキャラクターが登場しても物語を理解する上で混乱することなく見ることが出来ます。「シビル・ウォー」でアイアンマンことトニー・スタークと袂を別ったと思われたキャプテン・アメリカがそれまでとは異なる風貌で現れるシーンには感慨深いものがあり、勇気づけられるものがあります。しかし、物語が進むにつれてサノスの望む方向へ情勢が傾いていくと気持ちは落ち着かなくなっていきます。そして、ついに宇宙の生命が半減するときのシーンには衝撃を覚えます。アベンジャーズのメンバーたちのなかにも犠牲者が生まれ、その瞬間、体は文字通り塵に変わっていくのでした。どうやら痛みも不快感もなく、ただ「無」に還っていくようにも見えますが、その様子を間のあたりにした誰もがショックと哀しみに打ちひしがれます。ご都合主義はつまらないものですが、この時ばかりはご都合主義でもいいから消えていったみんなが元に戻って欲しいと願ってしまいました。その後の展開は続く作品「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」に引き継がれていくのですが、その公開を待ち望んでいたことが思い出されます。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

本ページの情報は20年4月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。