24の日本語吹き替え動画はどこで見れる?

『24 -TWENTY FOUR-』日本語吹替版/字幕版を見放題で動画配信するサービスを比較しました。

『24 -TWENTY FOUR-』見放題動画配信比較

HuluNetflixU-NEXT
シーズン1字/吹×字/吹
シーズン2字/吹×字/吹
シーズン3字/吹×字/吹
シーズン4字/吹×字/吹
シーズン5字/吹×字/吹
シーズン6字/吹×字/吹
シーズン7字/吹×字/吹
シーズン8字/吹×字/吹
リブ・アナザー・デイ字/吹×字/吹
レガシー字/吹×字/吹

『24 -TWENTY FOUR-』の日本語吹替版はHulu・U-NEXTで見放題配信されています。

HuluNetflixU-NEXT
月額料金(税抜)933円800/1200/1800円1990円
無料お試し期間2週間なし31日間

Huluには2週間、U-NEXTには31日間の無料トライアルがあり、無料トライアル中に解約すれば料金は一切発生しません。。

『24 -TWENTY FOUR-』海外ドラマ情報

出演者

マシュー・フォックス
エヴァンジェリン・リリー
ジョシュ・ホロウェイ
テリー・オクィン
ドミニク・モナハン
ホルヘ・ガルシア
ナヴィーン・アンドリュース
ダニエル・デイ・キム
キム・ユンジン
エミリー・デ・レイヴィン
ヘンリー・イアン・キュージック
エリザベス・ミッチェル
真田広之
マイケル・エマーソン
ジェレミー・デイヴィス
ケン・レオン
イアン・サマーホルダー
レベッカ・メイダー
マギー・グレイス

あらすじ

オーシャニック815便が太平洋上のある無人島に墜落した。人種も国籍も職業も様々な生存者48名は、生き残る為には対立しながらもお互いに協力するしかなかった。だが次々と暴かれる乗客の過去や島に潜む秘密や恐怖を知り、生存者たちは不安に掻き立てられる。お互いに広がる疑心と不信、そして次第に減っていく食料と水。果たして彼らは無事に脱出できるのだろうか?【第57回エミー賞 ドラマ部門 作品賞受賞】

地上波テレビ放送予定

『24 -TWENTY FOUR-』の地上波テレビ放送予定はありません。

『24 -TWENTY FOUR-』の感想(ネタバレあり)

24はジャック・バウアーの活躍が好きで見ていました。
24を見ている人で、ジャックを嫌いな人はいないと思いますどんなにひどい目にあっても国の為に働くジャックは、国の為ならどんな酷いこともします。
本人も呵責があるのか、「本当にすまないと思っている。」と言います。
とても好きなセリフです。
日本語吹き替えの小山力也さんがこのフレーズを何回言ったことか・・・また、国の脅威になるのであれば、同僚にも容赦しません。
情報を吐かなければ、同僚であろうと躊躇することなく足など(致命傷にならない箇所)を銃で撃ちます。
最初の頃は、まじか!?と衝撃を受けましたが、まぁジャックだし・・・とだんだん慣れてきます。思い入れのあるシーンは、同僚のトニー・アルメイダを捕まえたところです。
ジャック、トニーは妊娠した妻を殺されています。
ジャックは復讐をしましたが、トニーはジャックに捕まえられて復讐が出来ませんでした。
トニーは連行されるときに、「ジャーック!テリーが見ていたら何て言ったかな!?」とジャックを非難します。
ジャックは彼の言葉に反論できませんでした。そんなジャックの一挙一動は、シーズンを通して目が離せなかったです。
映画になる話がありましたが、作られることはなさそうで残念です。
24は楽しかった。しかし、手に汗握り疲れるので、もう二度と観ることはない(笑)。何度か観たけど、主人公のジャック・バウアーはいつ寝てるのだろうかと思うほど、忙しい主人公である。
物語の流れはリアルタイムに思える長さで、一時間で一話のような構成であるが、実際は一話60分ない。しかし、24という物語は24時間ってことだと思う。
登場する人物たちは、誰が悪者で味方なのか、想像したり、どんでん返しにつぐ、どんでん返しで、もう大どんでん返しが面白いしスリル感たっぷりだ。観たことない方にお薦めできる面白いドラマだが、いやあ~時間がないと観るのが困難だ。休日まとめて観るか、毎日一話ずつ観るかで、楽しむと良いと思う。しかし、手に汗握り、トイレ休憩に行くこともできないくらいに、物語に引き込まれることを覚悟したほうが良い。残念ながら、自分は、もう24は良いや観たくない(苦笑)。まるでジェットコースターのようなドラマなので、中年にしては鑑賞する気力・体力共にない。おまけに時間もない(笑)。お薦めのドラマだ。
ほとんどのシーズンを見ましたが、どのシーズンのストーリー展開にもドキドキ・ハラハラさせられて、一度、見始めると止まらなくなって、何時間も見続けたことが何度もあります。どのシーズンの敵も冷酷で、主役のジャックバウアーに容赦なく攻撃を仕掛けてきたり、アメリカを危機的な状態に陥らせたりするのでもうダメかもしれないと思っていても、ジャックバウアーがその危機を必死に回避して悪人たちを見事に成敗していく姿には何度も感動しました。このドラマには何人かのアメリカ大統領が出てきますが、私はシーズンの最初の頃に出ていたデイビッド・パーマーが好きでした。彼はいつも冷静で公平でしたし、ジャックバウアーの事もちゃんと認めてジャックの意見を聞いたり、ジャックの作戦がやりやすいようにサポートしてくれたので良かったです。そしてジャックバウアーとこの大統領(デイビッド・パーマー)とが連携して敵を倒していくストーリー展開が気持ち良かったです。本当に見ごたえのある良いドラマだと思います。

ドラマ「24」で一番印象深い登場人物は、シーズン1~3に登場したニーナ・マイヤーズです。

シーズン1では、CTUロサンゼルス支局のアシスタント・チーフとして、主人公のジャック・バウアーの腹心として登場。ジャックやトニー・アルメイダと恋仲になったり、CTUの中でも仲間からの信頼が厚かったりと、まさに才色兼備のキャラクター。CTU内部に敵方の内通者がいることが判明した際も、作中の登場人物、視聴者を含め、誰もニーナのことを疑っていなかったが、実は敵方のスパイだということが判明。シーズン1のラストで、ジャックの妻のテリーを殺害したのは、ほんと衝撃的でした。

シーズン2以降も、シーズン3でジャックに殺害されるまで、ちょこちょこジャックの邪魔をしていました。

海外ドラマの中で、一番夢中で観たのが「24」一話ごとに、24時間で起こった出来事を詰め込んであるという設定から面白く、短時間で次から次へと事件が展開していくスピード感に、ハラハラドキドキさせられます。主人公のジャックは、夫として、父親としては失格であるかのようですが、自分の任務を遂行することに関しては、まさに命をかけているし、非常に有能です。その能力と、なぜだか惹きつけられる魅力に、必ず有力な味方が傍にいてくれてます。危機を迎えたときに助けてくれたり、逆に共に危機に陥れられたりするのですが、これがまた、ギリギリの危うさがあって、つぎの展開が気になって仕方がありません。シリーズが完結しても、次のシーズンが始まることをいつも期待していました。
最初のシーズンがとても印象に残っています。
通常のドラマとは違い、1話が1時間で24話で24時間というドラマが作られていることで、リアルに感じられました。
ジャックの娘が誘拐されて、彼がどんなに家族を愛しているかを感じられる場面が多く感動出来ました。
娘の誘拐が大統領選と絡んでおり、誰もがみんな怪しく見えてCTUメンバーの裏切り者が誰なのか最後まで分からなかったです。
印象に残っているのは、やはりまさかの裏切り者がジャックと付き合っていたニーナが裏切り者だったことが一番衝撃でした。
しかも、彼女が彼の妻を殺してしまうという結末に、驚きました。
あんなに信頼していたニーナに裏切られて妻まで殺されてジャックが可哀そうでした。
「24」は大ヒットTVシリーズですが、どのシリーズもジャック・バウアーの魅力がこのドラマのすべてと言っても過言ではないでしょう。とにかく、決断力がずば抜けて高く、ゆっくり考える時間的な余裕のない中で、常に難しい決断を迫られていきます。ジャック・バウアーはその都度他の人とは違う判断をし、それが事件解決へとつながっていくのが見ていて爽快でした。シーズン1では、ジャック・バウアーがまだ新人で信頼されていなかったのですが、徐々に信頼を得て成長していく姿もよく描かれています。ラストシーンで最愛の妻が殺されてしまう場面はショッキングで、そのためかDVDでは妻が殺害されなかった場面の2つのシーンも描かれています。
トゥエンティーフォーは、過去にも先にも、すごいいい映画になっています。ジャクバウアーの声もしぶくて男らしく、なにか起きると、ドキドキさせてくれる様な声な所もいいです。
クロエのキャラクターも好きです。少し目つきが悪く性格が悪いのかと思いきや、仕事は真面目だし、最初から最後まで出演していて、他のキャストは裏切りや犯罪を犯すこともあるが、クロエは裏切る事もなく、最終的には、好きなキャラクターになりました。
デイビット・パーマー大統領もジャックバウアーに親密になって、話を聞いてくれて、順応性も高く、判断力もある大統領です。デイビット・パーマーの様な世界のトップがいてくれると、その国も安心出来ると思います。
主人公ジャックが、毎シーズンテロ組織等に挑んでいく中で、誰が敵か誰が味方か、毎回ドキドキハラハラします。衝撃的な死も多いです。中でも、シーズン2は、最初の大きな衝撃です。ずっと味方かだと疑わなかった、ニーナマイヤーズが裏切っていた時の衝撃は、めちゃくちゃ驚きました。さらに、ニーナはシーズン3でジャックに殺されてしまい、更に衝撃です。裏切りからの死ではなく、共に戦いながらの、シーズン7のビルブキャナンの死はとても感動的でした。このドラマの面白いのは、時間が24時間の中で、同じ時間にそれぞれの登場人物に起こっている出来事が、観れるところです。時間が進む、ピッピッピッという効果音は臨場感があり、耳にも残るので、24と言えばこの効果音っていう感じです。
「24」で最も衝撃的だったのはシーズン8の後半。シーズン7から登場したルネとの間に愛が芽生え、結ばれたすぐ後に狙撃を受け殺されてしまう。そこからのジャック・バウアーはこれまでとは明らかに異質の存在になります。以前からメチャクチャな捜査の仕方ではありましたし、暴力的ではありました。相棒のクロエにいつも無理難題を押し付ける姿も定番でした。しかしシーズン8の後半、ジャックは復讐の鬼と化します。目的のためなら手段を選ばず、拘束した敵を非情な拷問の末に殺害するほどです。そして復讐の果てに大統領暗殺の真相を明らかにするも、ロシアや、アメリカからも追われる存在になってしまったジャック。そのあまりにも悲しい結末に、見終わった後は呆然としました。

本ページの情報は20年4月6日時点のものです。最新の配信状況や仕様については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。