さくらんを見る|菅野美穂 土屋アンナ 木村佳乃【濡れ場】

人気女優の濡れ場が見れる映画『さくらん』はU-NEXTで見放題配信中です。

\ U-NEXTは初回31日間無料!/

無料期間中に解約できます。

『さくらん』映画情報

予告編

あらすじ

吉原遊郭・玉菊屋に売られてきた8歳の少女・きよ葉は、逃亡を試みるが即座に捕まってしまう。トップ花魁・粧ひの挑発に乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は、人気遊女への道を駆け上がっていくが、ある日、客の惣次郎と激しい恋に落ちる。

出演者

(きよ葉・日暮) 土屋アンナ
(倉之助) 椎名桔平
(惣次郎) 成宮寛貴
(高尾) 木村佳乃
(粧ひ) 菅野美穂
(光信) 永瀬正敏
(若菊) 美波
(大工) 山本浩司
(坂口) 遠藤憲一
(幼ききよ葉) 小池彩夢

監督:蜷川実花
原作:安野モヨコ

『さくらん』の感想(ネタバレあり)

主演の土屋アンナさんが大好きで、公開された当初、一人で映画を観に行きました。

そして、ときどき思い出してはネットの動画サイトで検索して何度も見ています。

色鮮やかな色彩が印象にのこる映画で好きなシーンもたくさんあるのですが、1番は花魁になった日暮が花魁道中を張って歩くシーンです。

BGMも日暮が来ている着物も土屋アンナさんのカッコよさや魅力が全面にでていて、すごく印象に残っています。

そしてもう1つ上げさせていただくとすると、なんと言ってもラストのシーン。1番最初に見たときは深く意味を理解していなくてハッピーエンドだと思っていたら全然違っていました。

身請けが決まった日暮は身請け当日の朝、清次と一緒に足抜けをしてしまいます。

ラストシーンは二人が桜の花を笑顔で見ているところで終わるのでなんとなくハッピーエンドなのかと思っていたのですが、よく考えてみれば足抜けをした花魁がその後幸せになれるはずがないと気がついてラストシーンが幸せそうに見えるほどに、なんだかとても切ない気持ちになりました。

なんといっても蜷川実花ワールド前回の色彩豊かな画面が女子心を擽ります。土屋アンナのファンキーさを生かした花魁、菅野美穂の妖艶な花魁。それぞれの女優の特徴を生かしたキャラクターが本当に素敵でした。
遊郭での男女の男女の駆け引きは現代の恋愛に通じるものもあり、男はいつの時代もずるい奴がいるんだなと思ました。身を売られても、つらい環境でも底でたくましく生きていく強い女性を見事に描いた作品だと思います。強い女性に憧れる方におススメの映画です。個人的には菅野美穂の花魁が一番好きでした。濡れ場もいやらしくなく艶やかで、女性らしい綺麗な色気で女から見ても美しく憧れてしまいます。土屋アンナは一見時代劇物には向かない感じですが、蜷川実花ワールドにバッチリはまり唯一無二の花魁を演じています。
映画「さくらん」は蜷川実花さんの代表作であり土屋アンナさんの魅力がギュっと詰まった作品でした。時は昔、遊郭で働く女たちの物語で、子供が身売りされる時代の話。遊郭で「花魁」になって「花魁道中」するのは夢。体を売ってまで働くのなら花魁まで上り詰めてやろう!という女の意地でもあります。そういう女同士の嫉妬や憎悪がうじゃうじゃしている世界で恋をしたり見受けの話があったりする主人公きよ葉ですが、小さい頃から順調に花魁になれたわけではなく苦労もあってヒドイ仕打ちもうけながら花魁までの道のりがあります。「サクラが見たい」というきよ葉の姿は印象的です。偽物のサクラ並木を見受け人が作ってくれたのに最後は夜逃げのように男性と駆け落ち。その先にあったのは本当のサクラ並木。美しい色の映画でした。
江戸時代の吉原遊郭が舞台という設定に最初は衝撃を受けました。主演の土屋アンナさん演じるきよ葉を中心に女たちの世界を描いた作品は、すごく刺激的なストーリー展開でした。監督が蜷川実花さんで、彼女の作る独特な極彩色の世界観がとても印象的です。女たちの華やかながら人間味のある世界観の演出としてすごくぴったりな蜷川ワールドだと思いました。色鮮やかな衣装やセットに負けない豪華な女優陣が素敵でした。木村佳乃さんや菅野美穂さんの、他では見られない濡れ場のシーンも、刺激的なのですがすごく妖艶でうっとりするほどの美しさでした。いやらしいだけじゃない、そんな濡れ場シーンってあるんだと衝撃をうけました。そんな遊郭の世界の中にも純粋な恋愛感情が生まれるということがすごくギャップを感じて、印象的です。辛いことを経験したからこそ、強い女性になっていく姿が同性としてとても心を打たれました。
安野モヨコ先生原作の『さくらん』。映画ではみながわみかさんが監督をしているので、色彩が鮮やかで、着物や和の美しさが際立っていたのが印象的でした。
気の強い主人公が狭い鳥篭のような環境でもがく姿は見ていると苦しくなりました。綺麗に描かれてはいるけど、見ているだけでも自由のない窮屈な場所です。いろんな葛藤を抱えながらも必死でもがく気の強い主人公、きよは。
そして初めて人を好きになるが、またそこで難あり。うまくいかないものだなあと歯痒さを覚えます。窮屈な環境、無力な主人公。どうにもならないような状況で唯一救いなのは、きよはの気の強さです。明るくて根性のあるところがとても好感が持てました。山あり谷ありで、面白い作品だともいます。
蜷川実花の極彩色、土屋アンナのキリッとした「強いオンナ」の演技、椎名林檎の歌うテーマソング、それらすべてがものすごいインパクトとバランスで、一度見たら忘れられないと言える映画です。
もともと、安野モヨコの原作のファンだったこともあり、映画化が決まった時には不安の方が大きかったです。けど実際に見てみると、蜷川実花の画面作りは原作の世界観とばっちりハマっていたように思います。目が疲れるくらいに鮮やかな遊郭。にぎやかな女性たち。蜷川実花得意の「金魚」も、場面転換などのポイントとして効果的に使われていました。
ストーリー自体は正直単調な方だと思います。ただ、それでも見てみる価値がある作品。美しいものをたくさん見たという充実感は何者にも替え難いです。
独特な色彩表現に圧倒される蜷川 実花監督の作品であり、細かな所に凝ったセットや衣装の煌びやかな世界観を描いた作品であるが、その世界観とあっと思わせる画面構成が印象的で、物語の内容がよくわからないまで、描かれた情景と、土屋 アンナの強い個性で、ごり押しされた物語展開で、全体的なストーリーをも分からなくさせてしまったという、少し映画としては散漫な様子が随所に現れた作品で、蜷川 実花の世界観を存分に味わうには素晴らしい作品であるという印象だ。というのも、色彩表現の強さによって心が乱されてしまい、色合いが鮮明であったり、有り得ない様な世界観の中に、生きた金魚が泳いでいたり、あちらこちらに謎の残るシーンのオンパレードであった。蜷川 実花の世界観を見事に描ききった強いインパクトがあり、ファンに撮っては、物語云々よりも、映像の奇抜さが全面に現れた作品であった。一度観ただけでは、ストーリー的に何を伝えたいかわからなかったが、蜷川 実花の才能を目の当たりで感じられる、イメージ映画と捉えて楽しんだという印象がいまでも鮮明に残っている。
さくらんはもう10回以上は観たと思います。男の奪い合いのような感じもしますが、一人に男性に惚れてその人だけを愛するということができない職業でもあると思いながら、風俗で働く女の人はとても切ないと思いました。毎日同じことの繰り返しの日々の中で誰かを本気で好きになるという気持ちが本当に感動しました。たくさんの女優さんたちの綺麗な体はとてもすごいと思いました。小さな女の子が部屋を除くとこっちを見て微笑んでいる土屋アンナのシーンがとても印象的で、この子もまた続いていくのかなと思いました。
この映画の原作は「働きマン」などでおなじみの安野モヨコです。彼女が描く漫画はいつも色気があり、遊郭がテーマになっているためそういったシーンも含まれます。※もちろん映画にも一部そのようなシーンは含まれます
こちらの映画の特徴と言えば、なんといっても監督が蜷川実花、主演が土屋アンナ、そして主題歌が椎名林檎と好きな人が聞いたら全てがとにかく魅力的すぎる豪華な方々の集結作品といったところです。蜷川実花といえば、あの鮮やかな赤などの色を使った色彩表現が特徴的ですが、こちらの作品にもしっかり盛り込まれています。遊女が着る着物、劇中に出てくる金魚など…とにかく鮮やかです。また、内容は基本的に原作の漫画と同じで、幼い頃から遊郭に入る主人公が立派な花魁になろうとするストーリー、そしてその間で生まれる恋心、裏切りなどが描かれています。ストーリーや色彩美だけでなく、やはり主題歌が椎名林檎ということもあり、劇中で流れる彼女の世界観溢れる歌と音楽がまた一層と良く、魅力的に聴こえます。
この3人の集結というだけで、もはや素晴らしく思えますが、是非内容もオススメします。観てよかった、と思える作品であると思います。

映画「さくらん」とは2007年2月に公開された漫画家安野モヨコによる作品の実写映画で、監督はフォトグラファーでもある蜷川実花が担当しているため、色彩感覚がものすごくはっきりとしていて夜の吉原の街並みが幻想的で、ほかの映画にはない美的センスや女性らしさを感じる。物語の主人公は土屋アンナによる花魁【きよ葉】が苦悩、愛を学びながら力強く生きていく様子を描いた作品。貧しい村生まれの少女が吉原に売られ、最初のうちこそ逃げ出そうとひっぱたかれてもあの手この手で「花魁になんかなりたくない!!」と脱出を試みるが気の強く綺麗なな先輩花魁【粧ひ】の「ごぼうみたいなお前が花魁になんかなれるわけがない」「なりとうないはなってから言え!」と挑発されてナニクソ精神で花魁にのし上がっていくお話。

見たのはだいぶ前ですが印象に残っているのは先ほども書きましたが色彩感覚の抜群のきれいさと「人より多くもらうものは人より多く憎まれる」確かになと思う言葉です。
「惚れるも地獄惚れられるも地獄」とライバルの花魁をみて思っているのに自分もだんだん本気の恋をしてしまって結局裏切られてしまい、所詮花魁は花魁でしかないと最後にはせっかく身受けのいい話が来ていたのにも関わらず誰も信じられず、吉原の桜に咲かぬはずの桜に少しばかり桜が咲いてるのを目のあたりにいするきよ葉と吉原の世話係。子供のころに世話係と約束した「桜が咲いたら(吉原の桜は枯れていたのかまだ一度も咲いたことがなかった)俺が出してやる」という言葉を思い出し吉原をでて本物の満開の桜を二人で見に行ってしまう。幸せそう桜の木の下で手を取ってに笑う二人で映画は幕を閉じるのだが、そのあとのことを考えるといい終わりではないのは明白だが、二人にとって桜を一緒に見られたことはこの嘘偽りだらけの廓の中で唯一の真実であって現実であって、この上ない幸福な時間であったのではないでしょうか。

U-NEXTはアダルトも見放題

U-NEXTでは成人映画だけに留まらずガチアダルトビデオも見放題で配信しています。

U-NEXTがAV制作まで行った独自レーベル「FALENO」作品も独占見放題配信中です。

U-NEXTの登録方法

U-NEXT 登録方法 スマホ U-NEXT 登録方法 スマホ U-NEXT 登録方法 スマホ U-NEXT 登録方法 スマホ

U-NEXTの登録方法は次の2ステップです。

  1. 基本情報の入力
  2. 支払い方法を選択

基本情報はほぼ匿名情報だけです。

  • 氏名(カタカナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 電話番号
  • お住いの地域(例:①関東②東京など)

支払い方法2つから選べます。

  • クレジットカード
  • キャリア決済(例えばドコモならドコモの通信費と一緒に支払える)

約3分で完了です。

U-NEXTの解約方法

U-NEXT 解約 スマホ U-NEXT 解約 スマホ U-NEXT 解約 スマホ U-NEXT 解約 スマホ

  1. メニューより設定・サポートを開く。
  2. 契約内容の確認・変更より解約はこちらを開く。
  3. 解約するをタップして完了。

約1分で完了です。

無料動画配信サイトについて
Youtube・デイリーモーション・アニチューブ・キスアニメ・パンドラTV・ひまわり動画・MioMio・b9・Openload等では違法アップロードされた動画が配信されていることがあります。近年、著作権に違反したサイトが閉鎖されたりサイトが見れない状態になるなど様々な対策が打たれていはいますが代わりのサイトが次々作られています。違法アップロードサイトを利用するとウィルス・スパム・トロイの木馬等マルウェアに感染し、個人情報の流出や詐欺に巻き込まれる可能性が高まります。被害に合わないよう、当サイトは公式動画配信サービスの利用を推奨しています。

本ページの情報は20年3月27日時点のものです。最新の配信状況や仕様については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。