進撃の巨人はNetflix(ネットフリックス)で見るな!


TVアニメ『進撃の巨人』はNetflixで配信されていますが、Netflixには無料トライアルがありません(2019年12月で終了)。

ですのでこれから動画配信サービスに登録するという方は別のサービスの無料トライアルを使うことで『進撃の巨人』を無料で見ることが出来ます。

『進撃の巨人』見放題動画配信状況

配信状況無料期間月額料金
Netflixシーズン1~3なし800/1200/1800円
Hulu シーズン1~32週間933円
Amazonプライムビデオ ×30日間455円
FODプレミアムシーズン1~32週間888円
U-NEXT シーズン1~331日間1990円
Netflix以外に無料期間があり、すべて無料期間中に解約できます。

『進撃の巨人』は人気動画配信サービスHulu・FODプレミアム・U-NEXTで見放題配信されています。

ですので気になる動画配信サービスを利用すればOKです。

劇場版『進撃の巨人』も無料で見れる

  • 劇場版「進撃の巨人」前編 ~紅蓮の弓矢~(500pt)
  • 劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~(500pt)
  • 劇場版「進撃の巨人」 Season 2~覚醒の咆哮~(800pt)

無料トライアル登録でU-NEXTでは600pt、FODプレミアムでは最大1300pt貰えるので、2つのサービスを使えば『進撃の巨人』の劇場版3作も無料で見ることができます。

『進撃の巨人』アニメ情報

声優

(エレン) 梶裕貴
(ミカサ) 石川由依
(アルミン) 井上麻里奈
(ジャン) 谷山紀章
(アニ) 嶋村侑
(サシャ) 小林ゆう
(クリスタ) 三上枝織
(コニー) 下野紘
(マルコ) 逢坂良太

あらすじ

巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに巨人の侵略を防いでいた。だが、自由を夢見る10歳の少年、エレン・イェーガーは、外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚える。そして、壁をも越える超大型巨人が出現し…。

進撃の巨人 The Final Season(シーズン4)放送はいつ?

2020秋にNHK総合で放送が予定されています。

『進撃の巨人』感想(ネタバレあり)

進撃の巨人は滅茶苦茶話題になっている漫画で面白いとの触れ込みが事前にあったのでもの凄くハードルが上がった状態で視聴したのですが1話を見た時点で自分的にはスマッシュヒットしました。それと同時に面白さのピークが序盤の母親が巨人に食べられてしまう所だったなぁってのが個人的な感想です。仮初めの平和だった街に巨人が壁を破壊して侵略してくるハラハラドキドキはまさに手に汗握る感じでした。瓦礫にはばまれ逃げ遅れている母親と差し迫る中、母親を何とか助け出したい主人公達の元に現れたハンネスが巨人に立ち向かうかとするけれど、恐れ、主人公を抱えて逃げるシーンが凄く印象に残っています。勿論1話以降も面白いですが、衝撃度は1話のラストが凄かったです。全体的に作画も良く、ストーリーも話題になるとおり面白い作品だったので自分の中ではトップ10に入るアニメです。
冒頭から100年あまり外界から隔絶した壁に囲われた国の中で平和に暮らしていいたエレン達は突然現れた超大型巨人によって壁が破壊され存亡の危機に陥ってしまい、とにかく巨人に対して謎だらけで気になって気になって仕方がなく早く先が見たいとどんどん引き込まれていきました。エレンの母親が巨人に喰われてしまうシーンは残酷でトラウマになりそうです。そうして巨人を駆逐してやると心に誓ったエレンのすぐ側にその原因の発端となった超大型巨人が人間として平然と調査兵団の一員になり生死を共にしていた仲間であった事が判明した時は、あまりにも衝撃的でした。後に巨人は憎む人類の敵だと教えられてきた常識が嘘で塗り固められていたと知った時もとても驚きました。下手なミステリーより断然面白いです。

とにかく作画が良い。進撃の巨人は設定の作りこみや斬新な世界観、魅力的なキャラクターという確かな強度を持った素晴らしい作品だけれども、ひとつだけ弱点があるとするなら間違いなく作者の作画能力だった。もちろんそれが味の一つにもなっている部分もあるが、アニメの一話を見て確信した。絵の力を手に入れた進撃の巨人は、無敵だ。

いまや普段アニメを積極的に見ないようなライト層にも浸透し、ワンピースやナルトに続く大型エンタメ作品として不動の地位を手に入れている。原作の印象的なシーンをきちんと押さえて再現するところが楽しい。リヴァイ兵長がエレンを蹴り上げる、あの変なポーズがアニメになっているのは不思議な快感であった。

巨人という絶対的存在に人間の叡知と気持ちを強く持った兵団が挑むダークファンタジーです。登場人物は調査兵団のメンバーがメインなのですが、全員個性が強く魅力的な人物が沢山います。その中でもファンに1番人気なのがリヴァイです。調査兵団兵士長であるリヴァイは常に冷静で小柄な身体つきではあるのですが、1人で巨人を何体もぶった斬る最強戦士です。主人公はエレンです。母親を目の前で巨人に殺された為巨人に対し執拗な殺意を抱いています。ヒロインのミカサはリヴァイに次ぐ戦闘力を持ち巨人討伐において傑出した才能があります。
そんな3人の登場人物を中心に繰り広げられる巨人との戦い。アクションシーンも非常に見ていてドキドキするのですが、謎解きもすごい良く出来ていて非常に面白い作品です。
進撃の巨人を初めて漫画で見た時は、絵が独特だなあというのが第一印象。ただ、惹かれるものがあり読み進めていくと面白い展開に。アニメ化されていいところは立体機動装置の躍動感。いい意味で恐怖心もグロさも出ていますが、それらがないと表現できない世界なので、苦手な人は過激なシーンが多くて嫌煙されてしまいそうですが、ストーリーとしてはとても面白いです。特に、各々が己の正義で動いていること。正義だと思っていたことが覆る、悪だと思っていたことが実は己の立場からした正義感からきていたりするので、人間の自分勝手さと矛盾なども表現されています。個人的にはアルミンが好きです。自分の言葉でしっかりと考えを言えること。頭の回転のはやさと視点の切り替えのはやさ、そして誰よりも勇敢なように思えます。3期楽しみです。
進撃の巨人と聞いて多くの人が「巨人?怖い!」と思うのでは無いでしょうか。私もその一人でした。でも流行っているし、面白いってみんな言ってるし見てみるか、と思い軽い気持ちで見たのが初めでしたが、今ではどっぷりと進撃の巨人の魅力にハマってしまっています。
はじめは巨人と人類が戦い、巨人を駆逐する事こそが正義だとされていましたがどんどん見進めるに連れ、巨人の正体は何なのか、本当の悪は何なのか、どうすれば巨人に怯えることなく壁の外へ出て普通に暮らせる自由な日々が送れるのか。まさに生きるか、死ぬか、の命をかけた戦いで人類の未来を担うかっこいいキャラクター達に愛着がわき、進撃の巨人の魅力にハマってしまうのです。
巨人と人類の対決を描いたアニメです。主人公はエレンというごく普通の平民でした。ある日を境に平穏な日常は崩れ去ります。超大型の襲来で、城壁が破壊され、巨人が大量に入ってきました。初めてみた当時の自分はまるで非現実世界にいるような、感覚に陥りました。それほどアニメの出来は良かったです。そしてこの出来事により、親を亡くしたエレンは巨人を駆逐することを決めます。ここも名シーンです。そして幼馴染のミカサとアルミンで、調査兵団を目指すことに決めます。この二人は本当に頼もしいです。武力のミカサと知力のアルミン、これからも二人が活躍のキーになります。同期も集まり調査兵団で活躍し始めると兵団最強のリヴァイに出会います。このリヴァイが本当に強すぎて、カッコ良すぎます。主人公達の今後の活躍が楽しみです。
漫画ですでに脚光を浴びていましたが、アニメもとても良かったです。漫画は作者独特の絵の特徴がありましたが、アニメだとすっきりしていて、女の子は見やすかったと思います。内容は私の中で衝撃の作品でした。エレンのまっすぐで強い思いと、巨人の怖さ、そしてそれを引き立てるようなBGMがアニメっぽさよりも、エレンや他の隊員たちの感情を表しているようで、臨場感も感じられました。シーズン1はエレン、ミカサ、そしてアルミンの友情としての繋がりが見れて好きでしたが、シーズンが進むごとに巨人の秘密や、王家の秘密も解き明かされていき、ただの巨人との戦いというストーリーでは収まらない複雑さが、アニメに引きつけられる魅力でした。
進撃の巨人はなんといってもそのスケールの大きさや、伏線の回収が魅力的なアニメだと思います。話はすごく長いですが、ぜひ1話から飛ばさないで見ることをオススメします。1話を見た感想としては、おそらくほとんどの方があまり理解できないと思います。しかし話が進んでいくにつれ、その謎が少しずつ解明されていくことがとても面白い作品です。
結局巨人とは何なのか?1話での地下室についての謎は?などたくさんの不明点があり、最終回が待ち遠しい作品です。かなり複雑な内容なので、最終回を迎えたらまた見直したいと思っています。
アニメ化にあたっては、声優のイメージが少し違いました。主人公エレンの声はあまりあっていないと思います。ただアニメになると戦闘シーンなどの迫力は桁違いで、臨場感が凄いと思いました。
漫画も読んでいましたが、アニメの方が迫力を感じられます。
人類にとっての脅威ということで、現実にはまず存在しない巨人が出てくるというアニメですが、どう見てもフィクションなのに、フィクションには思えないというか、いつかこんな状況が起きるのではないか?と思えてくる作品でした。
人間というのは生物の中では頂点に君臨しているかもしれませんが、その人間を上回る脅威への想像を膨らますにはちょうどいい作品です。
ただ、人類も巨人の弱点とか、生態を調べたりして、きちんと作戦を練って、立ち向かおうとしている点はストーリーとして面白く、人類を超える存在だと思われた巨人をどのように人類が超えていくか?という点が魅力的だと思いました。

本ページの情報は20年3月25日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。