鬼滅の刃はネットフリックスで見るな!無料で見る方法


TVアニメ『鬼滅の刃』はNetflixで配信されていますが、Netflixには無料トライアルがありません(2019年12月で終了)。

ですのでこれから動画配信サービスに登録するという方は別のサービスの無料トライアルを使うことで無料で『鬼滅の刃』を見ることが出来ます。

『鬼滅の刃』見放題動画配信状況

配信状況無料期間月額料金
Netflixなし800/1200/1800円
Hulu 2週間933円
Amazonプライムビデオ 30日間455円
FODプレミアム2週間888円
U-NEXT 31日間1990円
Netflix以外に無料期間があり、すべて無料期間中に解約できます。

『鬼滅の刃』は人気動画配信サービスHulu・Amazonプライムビデオ・FODプレミアム・U-NEXT全てで配信されています。

またすべての動画配信サービスに無料期間があり、無料期間中に解約すれば料金は一切発生しません。

ですので気になる動画配信サービスを利用すればOKです。

『鬼滅の刃』アニメ情報

声優

(竈門炭治郎) 花江夏樹
(竈門禰豆子) 鬼頭明里
(我妻善逸) 下野紘
(嘴平伊之助) 松岡禎丞
(冨岡義勇) 櫻井孝宏
(鱗滝左近次) 大塚芳忠
(錆兎) 梶裕貴
(真菰) 加隈亜衣
(玄弥) 岡本信彦

あらすじ

時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎はある日鬼に家族を皆殺しにされ、唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため“鬼狩り”の道を進む決意をする。

『鬼滅の刃』感想(ネタバレあり)

アニメ化から数ヶ月経って爆発的に人気が出たので驚いたような作品です。無残により人が鬼に変えられる中偶然、主人公の炭次郎の家が襲われ、妹のねずこが鬼にされてしまいます。これにより鬼狩を志願するようになり、壮大な鬼との戦いが始まりました。鬼滅の刃の面白いところは、技の演出が凄い事です。好きな技はヒノカミガクラと凪と戯れです。全て19話あたりに集まっているため、大変この時期は楽しかった気がします。ちょうど人気が伸び始めたのもここら辺かと思います。どれも音楽、作画全て優れており、みて損はしない出来でした。原作は見てないので知らないですが、アニメ二期や映画化も、決まっているので、今後の展望が楽しみです。
世界観や兄妹愛を感じさせるストーリーに引き込まれましたが、その作画のクォリティが高いところにも惹かれました。キャラクターの輪郭線は太めの生きた線の入と抜きで描かれていてとても活き活きとしていて力強さを感じます。背景画も素晴らしいです。時代背景は大正時代ですが、その当時の浅草界隈のシーンで描かれた街並みは緻密に再現されていて映像を一時停止してじっくりと眺めたくなるほどでした。一番の見どころはアクションシーンでとても迫力があります。特に殺陣シーンでは、刀の構えや剣さばきがとてもかっこよく、型ごとに繰り出される剣技は派手でよく動き美しいです。どの技も見応えがあり感動ものです。剣術をよく研究して作画されているのだと思いました。
鬼滅の刃で魅力的な所。それは、キャラクターたちの個性です。鬼殺隊も鬼となってしまった人も、それぞれの生きてきた軌跡があって、人間味に溢れているという点です。私が特に好きなキャラクターは「富岡義勇」さんです。口数の少ない無表情な彼ではありますが、水柱としての能力はとても高く、水の呼吸で美しい線を描きながらあっという間に鬼を倒します。また、愛情深い面も持っており、鬼になってしまった主人公の妹・禰豆子を、瞬時に殺せたにも関わらず、泣いて必死に訴える主人公を見たのち、彼の事を信じようと決めて、情けをかけその場を離れています。そんな彼の心があったからこそ、主人公・炭次郎は今でも鬼殺隊の一員として日々鍛錬出来ているのではないかと思います。
アニメ「鬼滅の刃」でイチオシのキャラはなんといっても我妻善逸です。孤児で聴覚に優れているといった特徴を持ち雷の呼吸を取得しています。主人公の同期でネガティブ、泣き虫なんだけど気を失っている時や眠っている時は強いといったとんでも設定なキャラクターです。顔芸や叫び声など見所満載ですがやはり一番の見せ場はバトルシーンと言えるでしょう。蜘蛛の鬼と対峙した場面はとにかく迫力があって雷の呼吸はアニメとの相性がいいと思いましたね。鬼が出るのは夜なので、夜を切り裂く稲妻と派手なな音、そして実は高い身体能力、そのスピード感がたまりません。普段とのギャップが激しいのがこのキャラクターの魅力ですし、普段もよく泣くけど大事な場面では逃げないし優しい人だと言えます。
原作漫画は連載当初、作画が苦手ということで触れてませんでした。そしてアニメも放映中は見ていなかったがその後の反響で興味を持ち見ることにしました。
一番の魅力はやはり作画の綺麗さだと思います。炭治郎、善逸の技のエフェクトには息を呑むものがありました。内容は「鬼」、「呼吸」、「刀」、「兄妹」とジャンプでは出尽くした要素であるにも関わらず話が中だるみせず、テンポ良く進んでいったので最後まで見ることが出来ました。
結果としてアニメを見終わった後は漫画を読もうと思い、書店に行ったら売り切ればかり‥電子書籍で読み現在はジャンプを定期購読して最新話までチェックしています。
連載当初作画が少年誌っぽくないという理由で見ていない人も多いのではないでしょうか?ぜひアニメを見て世界観に浸ってから原作に追いついてみては
鬼などをメインにしたアニメなどは今までたくさんあったのですが、鬼滅の刃は今一番話題になっており私自身一番ハマっているアニメです。純粋で優しくて正義感が強い主人公の男の子とその妹。この妹が鬼になってしまい兄弟で鬼を退治しながら鬼から人に戻す方法を探していく物語になっており、途中で個性的なキャラクターが登場していき主人公と共に旅していきます。どこか桃太郎にも似ていますね(笑)そして敵側の鬼のボスが何と言ってもカッコイイです。悪というのはわかるんですが何かカッコイイです(笑)そしてアニメーション映像がとても綺麗だなと感じました。初めて見る方はアニメから見るのをおススメします。今年は映画も上映予定らしいのでこれからのストーリーも楽しみです。
和柄の使い方やと色使いがとてもきれいなアニメでした。漫画よりアニメにしたほうが映える作品だとすごく感じました。技の独特な動きも漫画では分かりにくいですが映像にすぐことで分かりやすく人気になるのもわかりました。話の展開的にはよくある話の内容だと思います。主人公の先祖が日の呼吸の使い手だったり、鬼がもともと人間で鬼側にも話があるなどハンター×ハンターやブリーチのような話の展開と似ていると思いました。
これから話が上弦・下弦の鬼たちとの戦いになり、テンポよくアニメが進んでいけばもっともっと人々が引き込まれていくと思いますので今後のアニメ化に期待しています。原作も手に汗握る展開なので今後に期待しています。
一気に見たかったので、ネット配信でシリーズが出るまで待ちましたがとても面白い作品ですぐに好きになりました。作画も3Dのような、それでいて戦闘のシーンでは波の流れる様子が独特な絵で表されていて、表現の仕方が好きでした。炭治郎の頑固で、仲間想いな性格が王道アニメの主人公としてはまりすぎかなとも思いましたが、ストーリーが残酷なところもあるので、炭治郎のまっすぐな性格に人間味を感じてとても好きになりました。鬼滅隊に入るまでのエピソードも良かったですが、入った後の善逸、伊之助と3人で戦ったり、途中休憩したりして仲間と過ごす時間の方が見所がありました。とくに蜘蛛の鬼の回の後の自信をなくした3人が一緒に鍛錬するところが面白かったです。
原作も大変人気のある作品で、私も内容については原作を見ているので知っていたのだが、それでも尚アニメを見て驚いた、まず一つあげるとしたら作画の圧倒的な美しさである。激しい戦闘シーンや動きが細かいところですら一切手が抜かれていない、昔放送されていた同じ集英社から出ている王道漫画のアニメを軽く凌駕するほど美しい映像美に感動した。
また、戦闘シーンではCGなどの技術を駆使したシーンも多く、非常に滑らかで不自然なくらいヌルヌル動く印象もあった。
そして最大の見所としては、最終章の戦闘シーンだ。
このアニメは作品の内容上過激な表現や、グロテスクなシーンも多い。実際私も「血」の表現が昔から苦手で人と比べてあまりそういう表現を好まないのだが、最後の敵を打ち倒すシーンに関しては、血飛沫ですら美しいと思えるほど戦闘シーンの演出が美しかった。
このアニメは原作では絶対に感じる事ができない魅力がたくさんあり、稀に見る漫画で見るよりアニメで見た方がいいと思える作品であった。
知り合いからおすすめされたことをきっかけに、鬼滅の刃のアニメを見始めました。
まず1話目から主人公の家族が鬼に殺され、最愛の妹が鬼になってしまうという衝撃的なストーリーで引き込まれました。また、話が進んでいく中で炭治郎や敵の鬼たちのキャラクターの個性が豊かで、それぞれの辛い過去のエピソードに何度も感動し涙しました。
炭治郎も鬼と戦い、ほかのキャラクターの過去に触れることで成長していく姿を見ることができます。
また、もう一つの魅力は炭治郎や善逸などの型や鬼の血鬼術の描き方です。美しく、力強く映画を見ているかのように感じました。私は漫画も最新刊まで読んでいますが、続編を映像として見れる日を楽しみにしています。

本ページの情報は20年3月23日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。