プリズンブレイクの日本語吹き替えはどこで見れる?Netflixは?

『プリズンブレイク(シーズン1~5)』の日本語吹き替え版はHulu で見放題配信しています。

Netflixでは配信していません。

Huluには2週間の無料トライアルがあり、これを利用することで『プリズン・ブレイク』を無料で見ることができます。

Huluの登録・解約方法 登録方法

Hulu スマホ 登録 Hulu スマホ 登録

Huluに登録するものは次の4つだけです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 姓名 
  • 支払い方法 

登録は3分程度で完了です。


 解約方法

 Hulu解約方法(スマホ)

メニューのアカウントを開き契約を解除するをタップ。

解約も1~2分程度で完了です。

『プリズンブレイク』海外ドラマ情報

予告編

出演者

ウェントワース・ミラー

ドミニク・パーセル

サラ・ウェイン・キャリーズ

ロビン・タニー

アマウリー・ノラスコ

ピーター・ストーメア

ロバート・ネッパー

ロックモンド・ダンバー

マーシャル・オールマン

ウェイド・ウィリアムズ

ポール・アデルスタイン

ミューズ・ワトソン

ステイシー・キーチ

フランク・グリロ

サイラス・ウェイア・ミッチェル

パトリシア・ウェティグ

マイケル・ガストン

レイン・ギャリソン

ジェサリン・ギルシグ

アンソニー・スターク

あらすじ

主人公のマイケル・スコフィールドは優秀な建築技師。

ある時、マイケル・スコフィールドの兄リンカーン・バロウズが副大統領実弟の暗殺容疑で逮捕され死刑を宣告されてしまう。

マイケル・スコフィールドは兄の無実を信じ、刑が執行されるまでの間に救出を誓う。

マイケル・スコフィールドは兄が収監されているフォックスリバー刑務所の設計図を模したタトゥを全身に入れ、脱獄の緻密な計画を企てる。

そして、自身もフォックスリバーに収容されるために銀行強盗をでっち上げ…

続きを見る

地上波テレビ放送予定

『プリズンブレイク』の地上波テレビ放送予定はありません。

『プリズン・ブレイク』の感想(ネタバレあり)

今までに色んな海外ドラマを見てきましたが、私が一番好きなのがこのプリズン・ブレイクです。様々な種類のストーリー展開が織り交ざっていて、最初から最後まで本当に面白いドラマでした。まず主人公のマイケル・スコフィールドが兄を助けるために自ら計画的に同じ刑務所(プリズン)に入って、兄を助ける手助けになる情報を自分の体にタトゥーとして上手く隠している点はすごいなと思いました。そしてそのマイケル・スコフィールドを演じたウェントワース・ミラーがとてもカッコ良かったです。このドラマにはハラハラさせられるシーンばかりではなく、兄弟愛やサラとのラブストーリーも描かれていて、それがとても素敵で感動的でした。そしてラストシーンまで感動しながら見終わることが出来ました。それに加えて刑務所(プリズン)内で出会った他の囚人たちは個性が強くて更にこのドラマを盛り上げてくれたと思います。とても良いドラマで一番のおススメです。
全シーズンを通して見て言えるのは、最初の脱獄までは本当に良かったんですが
違う刑務所につかまり、今までは敵同士だったメンバーと一緒につかまってしまい協力して脱獄するというのがくどかったですね。序盤だけでいえば 本当に面白くそれぞれのキャラクターが個性的で、主人公以外にも応援してあげたくなる一方で こんな奴が世に解き放たれたら。。。と思ってハラハラしながら見ていました。次が気になり、見始めると睡眠時間も削ってかじりつく様に見ていたんですが後半がやはり飽きてしまうというかグダグダというか・・・。敵が大きすぎて全然共感できなくなってしまったのが少し残念でした。
そんな中でも私が好きなキャラはブラッド・ベリック。彼は看守として主人公の敵として立ちはだかります。
シーズン2までは最悪なキャラでマイケルを虐待したり、違法行為に手を染めていたり、たぶん誰もが大嫌いなキャラの1人だと思います。
しかし途中から友情が少しづつ芽生えきずなが出来るのです。そしてシーズン4では自らを犠牲にして主人公を助けるのです
驚きと最初とのギャップで私はつい「えええええ」っと声を上げさらに泣いてしまいました。
是非ともそういうところにも注目してみてほしいです

脱獄させるためならなんでもする?天才マイケル・スコフィールドの生き方

海外ドラマの先駆けとも言われる
「プリズン・ブレイク」

日本での海外ドラマ人気の火付け役とも言えるでしょう。

ここではメインキャラクターの
マイケル・スコフィールドについて書いていこうと思います。

S1では獄中にいる実の兄を脱獄させるために、あの手この手を使います。
背中に刑務所の設計図のタトゥーを掘ったり、
愛する兄に近づくために、自ら刑務所に囚われたりと
自分の目的を達成するために、
全てを犠牲にしていきます。

究極の兄弟愛言いましょうか。
話だけ聞くとかなり病的ですが、
エピソードごとに垣間見える、マイケルの天才さと
純真さに目を離すことができなくなります。

海外ドラマ好きなら間違いなく、見ておくべき作品だと思います。
キャラクターの個性もかなり強く、シリアスな展開の中にも、
笑いあり、感動ありの作品です。

ハラハラドキドキが止まらないこのドラマ。無実の罪で捕まってしまった兄を助けたいという一心で自らも投獄される状況に追い込む弟の、あまりある兄弟愛がまずは見どころです。兄を助けるための脱獄計画が知的、かつ計画的なのですが、予想外の出来事やいろいろな登場人物に阻まれることで、幾度も危機を迎えることになります。そのたびに、ハラハラさせられます。しかも、この主役の弟、マイケルスコフィールドがとてもカッコいい!見た目はもちろん、生き方全てがカッコよく見えてきます。この計画を立てたからこそ出会えた、サラとの恋愛の発展も、見どころでもあり、カッコよさでもあります。とにかく、この兄弟に明るい未来があってほしいと思いながら、手に汗を握る作品だと思います。
プリズンブレイクシーズン1は全シーズンの中でも非常に魅力的で、止まらず見続けてしまう程ハラハラドキドキが止まらないドラマです。
主人公の兄が、冤罪によって死刑が確定となり刑務所に入っていて、それを救出するために自らも刑務所に入るよう仕向けて銀行強盗をして捕まり、刑務所に入ります。
そして兄と刑務所内で再開し、主人公から兄へ、一緒に刑務所脱獄をすることを目論んでいることを告げます。
兄からは当然、どういうプランがあるか聞いたところ、主人公は上半身裸になり、全身に掘られたタトゥーを見せます。
よく見るとそれは刑務所内の地図となっていて、この脱獄のためだけのタトゥーでした。
それから刑務所内で普通の生活を過ごしながらも、刑務官にバレないように脱獄の準備を着々と進めていきますが、もちろん上手く行かずにバレそうになる瞬間も多々あるので、非常にドキドキします。
最後、兄弟は生きて脱獄できたのでしょうか。必見です。
投獄されてしまった兄を弟が救い出すドラマで、ハラハラドキドキの連続でした。頭脳明晰で冷静沈着な弟と、腕っぷしは強いのですが単純で、あまり頭の良くない兄という設定で、そこが物語を面白くしています。ただ、兄の浅はかな行動には、何度もイライラさせられてしまいました。それでも兄思いの弟と、弟思いの兄は麗しく、兄弟って素晴らしいと思わせてくれます。2009年のシーズン4で無事脱獄でき、さらに無罪を勝ち取り、最後は弟のマイケルが亡くなるところで一応の完結を見るのですが、2017年に突如シーズン5が始まります。物語では死んだはずのマイケルが生きていたという設定で、少し無理やり感が否めませんでしたが、ファンにとってはもう一度見れて嬉しかったことでしょう。
1から5まで最後までちゃんと見た海外ドラマはこれが初めてです。
1が最も面白かったです。
無実の罪で死刑を言い渡された兄リンカーンを脱獄させるため、IQ200の天才マイケルは全身に刑務所の見取り図のタトゥーをいれ銀行強盗をし、自らも刑務所に入っていくストーリーで、
マイケルの謎な行動が脱獄への大きな鍵に繋がっていく頭脳プレイに惹かれます。
癖の強いキャラクターが多く、特にティーバック
の何かあるとすぐに人を殺そうとするさいこぱす感は多くの人が癖になったかと思います。
IQ200の大天才でも、予想できない動きをする
キャラクター達や獄内でのまさかの恋、リンカーンとマイケルの深い兄弟愛が織りなす奇想天外なストーリーは気がついたら、何故か自分も捕まって脱獄したいなと思うようになります。
友達に勧められるがまま見始めたプリズン・ブレイクですが、一度見始めるとその中毒性から、何日も連続して徹夜で見続けたのを覚えています。私のお気に入りは何と言ってもシーズン1。無実の罪を着せられ刑務所で死を待つ兄を救おうと、意図的に銀行強盗をし兄と同じ刑務所に入る元建築士のマイケルが、一癖も二癖もある仲間を増やしていきながら、脱獄計画を進めていくストーリーに毎回ハラハラドキドキが止まりませんでした。刑務官に計画がバレてしまうのではと毎回緊張が休まることはありませんでしたが、その中でも一番の見せ場は何と言っても脱獄シーン。医務室の女医サラと恋仲になるマイケルが最後に脱獄の助けを求めたのはサラでした。果たしてサラは医務室の扉の鍵を開けておいてくれたのか、そして、医務室の窓が開かないトラブルにも見舞われ、最後の最後まで画面から目が離せません。医務室の窓から電線を1人1人伝って渡っていくシーンは圧巻で、息ができないほどスリルがありました。その後シーズン2、3と、アメリカ全土、そして南米にまで舞台は広がって行きますが、このシーズン1の脱獄が物語の魅力を凝縮しており、私の一番のお気に入りになっています。
プリズンブレイクはシーズン3がお気に入りです。刑務所からの脱獄までを描いたシーズン1、脱獄後を描いたシーズン2と来て、さてこの次はどうなる?と思っていたら、まさかまた別の刑務所に入ることになるとは……衝撃でした。
そして今回の刑務所は死ぬまで戦う「決闘」が横行している無法地帯。そんな中で我らがマイケル・スコフィールド……ではなく、私の大好きなティーバッグ(CV:若本規夫)が大活躍するのがシーズン3の見どころかと思います。
どこの刑務所にも、権力を持った中枢グループというのがいるもので、無法地帯とはいえ、一定の秩序を保つ役目を担っています。ティーバッグはもちろんそこに取り入り、安全なポジションを確保したうえで、卑劣な方法を駆使してグループ内での地位を上げようとしていくのです。極悪非道かつ平気で裏切る。ティーバッグの魅力がいかんなく発揮されたシーズンといえるのではないでしょうか。
私がプリズン・ブレイクを見はじめたのはもともとハードボイルドな人間ドラマが好きだからでした。刑務所や犯罪者を描いた作品ですが単純なアクション作ではなく、主人公マイケルを含めて才能と障害、家族愛と法律など、どうしても二者択一で判断できない要素が複雑に絡み合っていながら物語が進んでいきます。特に私が好きなシーンはシーズン3第一話のマホーンが味方になるシーンです。シーズン2でマイケルと敵対していましたが正義のため働いていたマホーンの立場が大統領の裏切りにより立場が逆転しました。例え罪人でも信じていた正義、家族への思いなどそれぞれに事情があると思います。そこをきちんと描いていて各人物が刑務所という危険な場所で命の危険性を含めて何を選択肢してどういった展開になるのか。飽きることなく話が進むので海外ドラマの中で一番おすすめです。

\ 初めて登録する方限定 /

無料期間中に解約できます。

本ページの情報は20年4月6日時点のものです。最新の配信状況や仕様については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。