ジョーカーの吹き替え動画を見るならHulu・Netflix・Amazonプライム?

ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』の動画配信状況を調べました。

『ジョーカー』見放題動画配信状況

配信状況無料期間月額料金
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu ×2週間933円
Amazonプライムビデオ 吹/字[399円]30日間455円
FODプレミアム×2週間888円
U-NEXT 吹/字[550円]31日間1990円
Netflix以外に無料期間があり、すべて無料期間中に解約できます。

『ジョーカー』の吹き替え版はAmazonプライムビデオとU-NEXTで配信されています。

最安値はAmazonプライムビデオですがU-NEXTには無料トライアルがあり600円分のポイントが貰えるので実質無料で見ることができます。

またU-NEXTでは『ジョーカー』の関連作品を見放題で配信しています。

  • バットマン
  • バットマン リターンズ
  • バットマン ビギンズ
  • ダークナイト
  • ダークナイト ライジング
  • キャットウーマン

これらの作品も無料トライアル期間中にすべて無料で見ることができます。

\ U-NEXTは初回600pt貰える!/

無料期間中に解約できます。

『ジョーカー』の映画情報

予告編

アメリカ版予告編

出演者・声優

アーサー・フレック / ジョーカー:ホアキン・フェニックス 日本語吹替:平田広明

マレー・フランクリン:ロバート・デ・ニーロ 日本語吹替:野島昭生

ソフィー・デュモンド:ザジー・ビーツ 日本語吹替:種市桃子

ペニー・フレック:フランセス・コンロイ 日本語吹替:滝沢ロコ

トーマス・ウェイン(英語版):ブレット・カレン 日本語吹替:菅生隆之

ギャリティ刑事:ビル・キャンプ 日本語吹替:高岡瓶々

バーク刑事:シェー・ウィガム 日本語吹替:山岸治雄

ランドル:グレン・フレシュラー(英語版) 日本語吹替:ボルケーノ太田

ゲイリー:リー・ギル(英語版) 日本語吹替:越後屋コースケ

ジーン・アフランド:マーク・マロン(英語版) 日本語吹替:唐沢龍之介

アルフレッド・ペニーワース:ダグラス・ホッジ(英語版) 日本語吹替:田中美央

ブルース・ウェイン:ダンテ・ペレイラ=オルソン

あらすじ

売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。社会から見捨てられたフレックは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる…

『ジョーカー』感想(ネタバレあり)

昔からバットマンの大ファンで、中でも
ジョーカーはバットマン以上に好きなキャラクターです。
そんなジョーカーのエピソード0的なこの映画。
ジョーカーの生い立ちから何故あのような殺人鬼になってしまったのかが描かれており、観終わった後には何とも考えさせられてしまう内容だなと感じました。
ジョーカーも生まれた環境や自分自身の癖などが少しでも違えば、普通に幸せに暮らせたのだろうかと考えると、今までバットマンの敵としての見方が変わり、過去の作品もより楽しめるようになりました。
また誰でもジョーカーになり得る可能性があるんだなぁという事もこの映画から学んだような感じで、ジョーカーは化け物ではなく人間らしい人間だったんだなと考えさせられました。
最初から彼の切なく暗い雰囲気に引き込まれて楽しめましたが、一番印象に残ったシーンは、マレー・フランクリンの番組にゲスト出演し、銃でマレーの額を撃った時ですね。ラストは色々と考えさせられるものがありました。暴動が起こっているひどい街、ピエロのマスクをかぶった人達、異様な光景、ジョーカーとして覚醒したアーサーにも鳥肌です。純粋で孤独な男を演じたホアキン・フェニックス、こんな素晴らしい俳優さんがいたんだなとジョーカーを観て知りました。この映画を観終わった時に、狂気や寂しさ、絶望など色々なマイナスの感情でいっぱいになりましたが、不思議とまた最初から観てみたいと思わせる魅力もありました。この映画全体の雰囲気がすごく好きです。
バッドマンは見た事がないのでジョーカーしか見ていないです。
貧困だけでなく対人関係や病気のせいで、社会でうまく生きていけない人間が最終的に悪に染まっていくシーンは少し震えました。地下鉄でサラリーマンを殺してしまってからラストに憧れていたコメディアンを殺すシーン。理由はあるにせよ、人が人を殺す事に躊躇が無くなっていくシーンは強烈でした。本人の中で人を殺す事を正当化していく事で犯罪者になるのかとも学びました。
自分だけでなく多くの人がアーサーのようになる可能性は大いに秘めているのでは?と思いました。同時に少し生きていくことに恐怖を覚えた事も事実です。
後味は良くないが、言葉にできないえも言われぬ「何か」を心に残された映画でした。
見る人によって様々な解釈が可能な映画だと思いました。貧困や差別に苦しみ続けた、ホアキン・フェニックス演じるアーサーが、同じ苦しみを抱えた民衆に担ぎ上げられ、ジョーカーとして覚醒するヴィラン(ある種のダークヒーロー?)誕生の物語、と私は解釈しました。ですがラスト、アーカムでの精神科医とのシーンがあることによって、映画で語られてきた全てはジョーカーの虚言。この空虚さこそがジョーカーたる所以、というような解釈も同時に可能にしています。そもそも、映画の捉え方は人によって千差万別なのは当然で、一つの正解なんて存在しないものだと思うので、観た人がそれぞれの「ジョーカー感」を抱くことができれば良いなと感じました。
悪はこうして生まれるのだということを、ジョーカーという一人の男を通してまざまざと見せつけられたような気がしました。
悪のカリスマを生み出したのは、心ない人々の小さな悪なのかもしれません。
もし、誰かがアーサーに優しく手を差しのべていたら、もし誰かがもっと彼の闇に気がつけていたら、おそらくジョーカーという悪のカリスマは誕生しなかったでしょう。
笑いがある人生を目指した男の現実がこれでは、あまりにも救いがないような気がしてなりませんでした。
これまで、バットマンと戦ってきたジョーカーの姿が違って見えてきました。
アーサーが母親に見せた笑顔。
その姿が、今でも忘れられません。
きっと、あの笑顔こそ彼の本当の姿なのだと思います。
この映画がここまでの大ヒット、高い評価を受けているのは映画そのものの面白さ、見るものを飽きさせない構成、いろいろな要素があるとは思いますが、最もヒットにつながった要因として高いメッセージ性があげられると思います。
色々な悲劇に苛まれる主人公、そしてその中で生きる上での善悪とはなんなのか。かの手塚治虫の「火の鳥」を彷彿とさせるような日本人の根底にある生きる上での、課題。みんなが感じている葛藤などに強く訴えかける作品になっていると思います。
この作品はバッドマンのスピンオフ作品ではありますが、バッドマンを全く見たことがない状態でも十分に楽しめる作品になっていると思います。単なるサイコホラー要素を求めている視聴者にはものたりない作品になっているとは思いますが、なにか面白い作品はないか、心を動かされる作品はないか、そのような映画探しをしている人にはお勧めの作品です。
生まれ育った環境がハンデとなりつつも、今の暮らしを守るため懸命に生きる主人公アーサーの姿に自分自身を重ねてしまう人はきっと今のご時世では多いのだろうと思った。
低賃金な仕事、あるようでないような人権、保証されない明るい未来、信じていた周囲の裏切り。それでも生きていくためには今の環境から逃げることも出来ない。この苦しさが理解できる人間には、今作でアーサーがジョーカーへとなってゆく気持ちの変化すらも少なからず共感出来てしまうことが恐ろしくも感じる。
個人的にはバス車内のシーンが一番印象深かった。前席に座る子どもを笑わせてあげようとする心優しいコメディアンとしてのアーサーの「笑い」が、彼自身が患う持病としての「笑い」のせいで台無しになってしまうのは皮肉という他ない。心の支えが心を抉る要因となってしまうのは精神的にはどれだけの辛さだっただろう。
二度目の視聴でアーサー(ジョーカー)が「笑う」部分を「泣く」に変換してみて、その違和感の無さに驚いた。彼は泣けない代わりに笑っていただけだったのかもしれない。
これほどまでに隅から隅まで深い意味合いが込められ、視聴回数を重ねるごとに解釈が広がる映画は他にはないと感じる。
ここ最近で1番良かった作品です。もちろん面白いストーリーではなく、終始悲しいストーリーではありますがジョーカーの悲しみが伝わってきて、熱狂的ファンが生まれるのもわかる映画でした。ジョーカーがもともとお母さん思いの優しいピエロだったことが胸をついて、涙するシーンもありました。しかし、そんな優しいピエロの笑顔を踏みにじっていく人間の汚さに自分もとても不快感を覚えましたし、ジョーカーの狂気の一片を捉えたような気持になりました。人生に絶望した男の物語で、ストーリー全体を通して驚きと恐怖を感じました。彼の弱さが女性の母性本能をとらえ、守ってあげたいという気持にさせ、ますますジョーカーにハマってしまいました。
アカデミー賞主演男優賞のフェニックスが渾身の演技で立ち向かった作品のJORKER。
実際、映画館で拝見しましたが、正直大人の自分でも身震いするほどの怖さがありました。
と、同時にもう一度観てみたいと思わせる作品でもあります。フェニックス演じるJOKERは常に社会に対して不安を持っており、それでも人々を笑わせたいと思ってる一人でもありましたが、生涯を持つ彼を人々は排除するという意識があるのか、彼がどんどん人間世界から遠ざかっていく様が描かれている。ある意味考えさせられる作品でもありました。R指定だけに残虐なシーンもありましたが、それ以上に怖いのは主人公の顔。恐怖を越えたスリルに我々の心はどう動かされるのか。人によって捉え方がだいぶ変わる作品だと感じました。
ジョーカーを映画館で見てきましたが、とてもユニークな作品に感じました。ぜひもう1度映画館に行って見たいと思うほどでした。
まずストーリーですが、あの有名な「バットマン」の敵であるジョーカーが誕生するまでの物語となっているのですが、バットマンではただの狂気として扱われていた敵キャラのジョーカーに焦点を向け、その心情変化が丁寧に描かれたものとなっていました。
ネタバレにはなりますが、精神病でどこまでも報われないジョーカーがストーリーの途中でついにほんの少しだけ報われる出来事があるのですが、それも全て夢であり結局何も報われていないことに絶望するシーンでは、ただ可哀想という感情だけでは表せないような気持ちにさせられました。
全体としては、面白いというよりは自分たちの生きる社会について今一度考えさせられるといった作品だったと思います。

\ U-NEXTは初回600pt貰える!/

無料期間中に解約できます。

本ページの情報は20年4月1日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。