【アニメ映画】アラジンの日本語吹き替え動画を見る

アニメ版『アラジン』の日本語吹き替えは「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

アニメ版『アラジン』の日本語吹き替え動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品300円)30日間455円
U-NEXT ○(単品330円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『アラジン』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とは「ディズニー」「ピクサー」「スターウォーズ」「マーベル」の4レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

ディズニー映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にディズニー映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

アニメ版『アラジン』の映画情報

予告編

あらすじ

魔法使いでもありアグラバー王国の国務大臣でもあるジャファーは手下の小悪党からあるものを譲り受ける。

そしてそれを使い魔法ランプがあると言われる魔法の洞窟を出現させる。

洞窟は突然喋りだし「ダイヤの原石のみ入ることを許す」と伝える。

小悪党が入ってみるもののダイヤの原石ではなかった小悪党は洞窟に飲み込まれてしまう。

ジャファーはダイヤの原石を探し出そうと決意する。

砂漠の国アグラバーに住む貧民ではあるが誠心な精神を持つ青年アラジンは宮殿で暮らすことを夢見続け宮殿が見える洞穴で暮らしていた。

宮殿には婚礼期を迎えた王女ジャスミンが住んでいた。

毎日縁談を持ちかけられ嫌気が差していたジャスミン王女は唯一の親友であるトラのラジャーの制止を振り払い宮殿を家出する。

ジャスミン王女は下界の商店街で万引きの容疑を掛けられるがアラジンの機転により事なきを得る。

しかしアラジンはジャスミン王女を誘拐しようとする盗賊との疑義を掛けられ牢屋にブチ込まれてしまう。

しかしこれはダイヤの原石であるアラジンを魔法の洞窟探索に仕向けるためのジャファーの策謀だった。

ジャファーは老衰した囚人に扮しアラジンに接触し魔法の洞窟から魔法のランプを取ってくることと引き換えにアラジンを牢屋から脱獄させる。

アラジンは魔法の洞窟で魔法の絨毯と出会い力を借り魔法のランプを手に入れる。

しかしランプ以外の物には触れてはいけないという掟をアラジンの相棒である猿のアブーが破ってしまう。

激昂した魔法の洞窟は内部崩壊を起こし必死に脱出を試みるアラジンであったが出入り口付近でジャファーにランプを引き渡した直後魔法の洞窟に閉じ込まれてしまう。

アラジンの相棒猿のアブーの機転により魔法のランプは手元に残っており何気なくランプを擦ったアラジンのもとにランプの魔人ジーニーが現れた。

3つだけ願い事を叶えるというジーニーに対しアラジンは1つ目の願いとして王女ジャスミンと結婚するために自身をアリ・アバブア王子に変えてくれと願う。

ジーニーにより王子に変身したアラジンは王宮に向かいジャスミン王女に謁見する。

ジャスミン王女は初めこそアラジンを他の王子と同類と決めつけ見向きもしなかったがアラジンの魔法の絨毯で世界中を旅するうちに彼に惹かれていく。

旅の途中、中国で思わず口を滑らせ本当の身分がバレそうになるアラジンであったが自身も王宮での生活が嫌で時折平民のふりをして家出をしているのだと言い訳し事なきを得る。

ここで2人は完全に恋に落ちる。

一歩その頃魔法のランプを手に入れそこねたジャファーは王女ジャスミンの父サルタン国王を操り自身がジャスミン王女と婚姻する計画を企てていた。

そこにアリ・アバブア王子として現れたアラジンはジャスミン王女と仲睦まじく振る舞いサルタン国王に直ぐに気に入られる。

これを快く思わなかったジャファーはアラジンを捕獲し重りを付けた状態で海に沈めてしまう。

絶体絶命のアラジンであったが偶然ランプを擦り出現したジーニーによって一命を取り留める。

ここで2人は完全に固い絆で結ばれる。

アラジンの暗殺に失敗し策謀がバレたジャファーは失脚し王宮を追放される。

アラジンは3つ目の願いとしてジーニーを自由にするという約束をしていたがジーニーの魔法を失うことに怯えたアラジンは最後の魔法を使うことを躊躇してしまう。

ジーニーの助言によりジャスミン王女に本当のことを告げに行こうとした矢先ジャファーの相棒オウムのイアーゴに魔法のランプを奪われてしまう。

魔法のランプの新しい主人となったジャファーは1つ目の願いとして自分をアグラバーの支配者にし、2つ目の願いとして世界一の魔法使いになる。

かつての国王サルタンとジャスミン王女はジャファーの言いなりになり、さらにアラジンは元の貧民の姿に戻された状態で雪山に追放されてしまう。

魔法のじゅうたんの力を借り命からがらアグラバーに戻ったアラジンは世界一の魔法使いジャファーと対決する…

吹き替え声優キャスト

アブー : フランク ウェルカー

アラジン(台詞) : 三木 眞一郎

アラジン(歌) : 石井 一孝

イアーゴ : 神谷 明

サルタン : あずさ 欣平

ジーニー : 山寺 宏一

ジャスミン : 麻生 かほ里

ジャファー : 宝田 明

地上波テレビ放送予定

アニメ映画版『アラジン』の地上波テレビ放送予定はありません。

アニメ版『アラジン』の感想(ネタバレあり)

「アラジン」の見どころ、聞きどころとして、声優さんたちの見事な吹替が素晴らしいのです。
特にランプの魔人ジーニー役の山寺宏一の迫力がありユーモラスな声と口調、テンポがとても面白いです。
今では多方面に才能を発揮する山寺さんですが、アラジンでは30歳前後の時の吹替なので、その芸歴にはビックリするところです。
また、国務大臣ジャファー役は往年の名俳優、宝田明の重々しい吹替です。正にジャファーの声にピッタリです。
ジーニーとジャファーの対決のシーンの迫力は鬼気迫るものでした。
主人公のアラジン役は作品発表時は羽賀研二でした。彼の吹替が役にピッタリでしたが、事件を起こし、降板してしまったのがとても残念です。
原作よりも吹替日本語版が素晴らしいと思えてしまいそう作品です。
大好きな映画の一つ!ディズニーのアニメーションで、今でも一番好きです。そして不思議なことにこの映画だけは吹き替え版もしっくりくる!というくらい声優さんがぴったりです。ストーリーはとてもシンプルでよくありがちな貧富を超えた恋よね、と簡単に思ってしまうのですが、なんといってもかなり引き込まれます!ミュージカルがそんなに好きでない方でもこれは楽しめるのではないでしょうか。歌もとてもすてきだし、アラビアの世界観が見るものを魅了させると思います。ちなみに私の娘もアラジンが大好き。中でも普通のプリンセスと違って強いジャスミンに惹かれているみたいです。息子はコミカルなジーニーとアブーが大好き。何度見ても飽きないし、ふとした時に歌を口ずさんでしまいます。
この映画は、約30年も前私が幼稚園の時に近所のおば様が風邪を引いた私にとビデオをプレゼントしてくれた思い出の一品です。ストーリーの基本は魔法のランプをアラジンと悪役が取り合いながら、平民以下の暮らしだったアラジンがお姫様と結ばれます。と言ったディズニーらしいシンプルな話です。そして、アナと雪の女王の様に映画中にミュージカルの様に歌がたくさん歌われています。魅力はその歌で、中で使われていた歌は30年たった今でも歌えてしまうし、アラジンのセリフはもちろん、ランプの魔人ジーニーのセリフやらジャファーのセリフやら、奥さんとの会話に紛れこませてはアラジンの話で盛り上がってしまう。とても私の私の人生にとって、大きなインパクトを与えてくれた、ディズニー映画の魅力がたくさん詰まった映画です。是非、30年経った今、我が子がもう少し大きくなったら一緒に映画を観ながら歌いたいと思っています。
小さい頃から「アラジン」のベースとなる「アリババと40人の盗賊(千夜一夜物語)」が大好きでよく読んでいましたが、その本をベースとしたディズニー映画「アラジン」は、当時小学生だった私はずっと見たいと思っていました。
アラジンとジャスミンが絨毯に乗って夜の街の空をぐるっとするシーンで、大好きな「ホール・ニュー・ワールド」を歌いますが、とにかくそのシーンが大好きです。
これは学校でも大流行して、友達同士熱唱し合いました。
大人になってからも何度か見ていますが、アラジンの素性を知らないジャスミンに、アラジンが「僕を信じろ」と言った時に、気になっていた男性(アラジン)と同じ言葉を発したアラジンに「もしかしてあの人かも」と、感じるシーンがキュンときます。
ジーニーという超個性的なキャラクターやジャスミンのお姫様であるにも関わらず街へ出かける冒険心など、多くの魅力を持っている作品ですが、私の中で大きな魅力は「アラジンという人物」「音楽」です。アラジンは、ジーニーと出会い魔法の力を借り、言わば嘘をついてジャスミンに近づくのでディズニーアニメーションのヒーローとしてはいまいちですが、盗んだパンを飢えたこどもにあげたり、最後には願い事をジーニーのために使ってあげるという根は心の優しい人物なのが、愛されるキャラクターである理由だと思います。また音楽は異国感あふれるメロディーが特徴的で、アラジンを初めて見た時の幼い自分にはとても新鮮でわくわくしました。大人になった今でも、ジーニーがアラジンに魔法のランプを説明する音楽(フレンドライクミー)が大好きで、魔法の世界に連れて行ってくれるような気持ちになります。思いっきり異世界に気分になった時に見るのがおすすめな作品です。
子どもの頃から大好きなディズニーのアニメです。
最初のほうは少し怖くて、不気味な感じで、小さい頃は飛ばしてみていましたが、それでも、アブーや魔法の絨毯がでてくるととてもワクワクしていました。
歌もとっても多くて、スリリングなシーンも歌と合わさるとワクワクがとまりませんでした。
ジーニーの吹き替えの声も好きで何度見ても飽きませんでした。
ストーリーはジャスミンとアラジンとジーニーが最後はハッピーエンドで終わる感じも好きです。
王様も小さくてコミカルな動きが可愛くて怖い悪党がいるにもかかわらず単純なストーリーが子供にはわかりやすくて好きでした。
大人になった今では自分の子供と一緒に見ることも多く、多くの世代から愛されてる作品だと感じます。
アラジンは貧乏なアラジンと王族の娘であるジャスミンの恋愛物語です。アラジンはディズニー作品の中でも音楽が素晴らしいです。特に
A whole new world はアランメンケンの代表作と言っていいほど世間の人から認知されています。この曲はメロディーがとても綺麗なだけでなく、アニメの映像の夜の砂漠の静けさが感じられます。このアニメにピッタリの音楽です。
さらにはfriend like me という曲はランプの魔人であるジーニーが歌う曲なのですが、とても陽気な曲で一度聞くと頭から離れなくなってしまうくらいポップな出来です。
このようにアラジンは曲の出来が素晴らしく、一度見ると何度も見たくなる作品になっています。
貧乏で孤独な青年アラジンとプリンセスのジャスミンとの恋のお話です。アラジンは子ザルのアブーと一緒に生活していまし。ある日ジャファーに騙されて魔法のランプを取りに行くことになります。魔法のランプを手にしたアラジンは、ジャスミンと結婚したいと願いました。このお話の途中で、貧しく何の学もないアラジンが、見栄を張ってジャスミンに本当のことを言わないシーンがあるのですが、アラジンの気持ちがよくわかるなーと思いました。自分には何もないと思っているときは、それを知られたら嫌われてしまうと思うと、なかなか言えませんよね…。それでもアラジンは、ランプの魔人ジーニーと出会い、本当の自分の姿で人を愛することを学んでいきます。最終的にはジャスミンとの恋もかない、ジーニーをランプから自由にしてあげるのですが、アラジンの心の優しさと成長が素敵だなと思いました。ジーニーはランプの魔人であり、ランプをこすった人の言うことは聞かなければならないけれど、アラジンを贔屓して仲間になっているのは人間味があって心がほっこりしました。
とにかくホールニューワールドの音楽に合わせて空を絨毯で飛ぶシーンがとてもキレイな映像でした。アラジンとジャスミンが互いに惹かれ合う様子が小学生だった当時の自分にも伝わってきてドキドキしたのを覚えています。
ジニーのキャラクターも面白くて、願いが叶うという魔法もワクワクしながら見て自分なら何を願うかな?と考えたり…夢のある映画でした。ストーリーもしっかりしていて、本当に大切なことは何なのかを考えさせられました。
アラジンが見栄を捨てて少しずつ、ありのままの姿を見せていく中で、ジャスミンが相手の真の姿を見ようとしているところも人間性が大切であると実感市、考えさせられました。今でも音楽を聞くと空を飛んでいるシーンが思い浮かぶくらい、本当に素敵な映画です。
アラジンの感想としまして、魔法の絨毯でお姫様を運んで頂ける点が視聴者としまして、もっとも感動できた部分であると思います。やはり女性としましては、魔法の絨毯で、運んでくれる素敵な筋肉質の王子さまをイメージしますので、アラジンは素敵な王子様にぴったりの演出条件でありました。また、ピンチになった時もすぐにかけつけてくれる。これは女性としましては、演出にノックアウトされそうな感じです。また、子供としましても、非常に夢のある冒険内容で、ファンタジーのお話としましては元より男の子に勇気を与えてくれる作品としまして、今後も子供に見せて行きたい作品である内容であることがわかりました。これからも冒険心に火をつけるような役割を果たしてほしいと思います。

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

本ページの情報は20年4月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。