アナと雪の女王の見逃し配信を見る【金曜ロードショー】

アナと雪の女王 日本語 吹き替え 動画

『アナと雪の女王』は「Disney+ (ディズニープラス) 」で見放題配信中です。

Disney+ (ディズニープラス)

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

『アナと雪の女王』の動画配信比較

配信状況無料期間月額料金
Disney+ (ディズニープラス)○(月額見放題)31日間700円
Netflix×なし800/1200/1800円
Hulu×2週間933円
Amazonプライムビデオ○(単品300円)30日間455円
U-NEXT ○(単品330円)31日間1990円

POINT

  1. Disney+ (ディズニープラス)の無料トライアルを利用すれば無料で『アナと雪の女王』が見れる
  2. Disney+ (ディズニープラス)は無料トライアル中に解約できる。

料金を比較するとアマプラやU-NEXTが安いですが、Disney+ (ディズニープラス)は他作品の見放題を含んだ月額料金であること、また31日間無料お試しができるので結果的にはDisney+ (ディズニープラス)が一番お得です。

Disney+ (ディズニープラス)で見放題出来る『アナと雪の女王』関連作品

  • アナと雪の女王
  • アナと雪の女王2
  • アナと雪の女王/家族の思い出
  • アナと雪の女王 エルサのサプライズ
  • アナと雪の女王のすべて
  • アナと雪の女王のすべて~新しい冒険
  • LEGO アナと雪の女王 オーロラの輝き
  • みんなで歌おう/「アナと雪の女王」 など

\ 無料期間中に解約できる /

dアカウントで入会した場合、はじめてなら初月無料

Disney+ (ディズニープラス)とは?

POINT

  1. 月額700円でディズニー作品見放題。
  2. フルHD画質でテレビでも綺麗に見れる。
  3. スマホにダウンロードして外出先でも見れる。

Disney+ (ディズニープラス)とはディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5レーベル作品が見放題できるゴージャスな動画配信サービスです。

他の動画配信サービスでは単品課金として配信されている作品もDisney+ (ディズニープラス)では月額見放題できます。

いつでも解約でき、無料お試し中に解約すればお金は一切かかりません。

参考:Disney+ (ディズニープラス)の特徴

ディズニー映画をテレビで見よう!

Disney+ (ディズニープラス)はテレビで見ることができます。

AmazonのFire TV Stickを使えば簡単にディズニー映画をテレビの大画面で楽しむことができます。

参考:Disney+ (ディズニープラス)をFire TV Stickで見る方法

『アナと雪の女王』の映画情報

予告編

あらすじ

明るく勇敢なアナが、たくましい山男のクリストフと彼の相棒トナカイのスヴェンと一緒に、姉エルサをさがす壮大な冒険の物語。アレンデール王国は、触れたものを凍らせてしまうエルサの力で永遠の冬で閉ざされていた…。エベレストのように過酷な北の山で、雪だるまのオラフや不思議な生き物トロールと出会ったアナたちは、エルサを見つけ出し、凍った世界を救うことができるのか?

吹き替え声優キャスト

アナ : 神田 沙也加
エルサ : 松 たか子
オーケン : 北川 勝博
オラフ : 武内 駿輔
クリストフ : 原 慎一郎
パビー : 安崎 求
ハンス : 津田 英佑
公爵 : 多田野 曜平
国王 : 根本 泰彦

地上波テレビ放送予定

2019年11月15日に金曜ロードショーで放送。

『アナと雪の女王』感想(ネタバレあり)

アナと雪の女王の一番好きなところは、やはりミュージカル形式の対話です。
部屋に引きこもっているエルサにアナが優しく明るく切なく歌って語り掛ける部分は心が震えました。その後、アレンデール王国を抜け出し歌いながら一人で生きていく決意をしたエルサのシーンは涙が出るほど感動しました。愛する人を傷つけたくないがために、一人駆け出していくエルサの強さはかっこいいと思いました。どの部分でも心に染み入る音楽と歌唱力があり、物語に入り込めたと思います。
王子様が味方ではなかったという点も今までのディズニー作品と違って面白かったです。
アレンデール王国の美しさ、雪山の壮大さも感動しました。音楽やセリフ、ストーリーはもちろん景色の映像の美しさが面白さを底上げしているかと思います。
この映画で私が好きなシーンは冒頭の湖の氷を職人たちが切り出すシーンです。力強い躍動感が伝わってきてすごく好きなシーンです。男たちが歌を歌いながら連携して氷を切り出していくのは職人の技という印象が伝わってきてすごく感心しました。
幼き日のクリストフも登場しており、子供のながらも周りの大人たちに必死に食らいついていく彼に感心しました。
文明の機器が発達していなかった時代はああいう風に男たちが湖に繰り出して氷を切り出していたんだと思うとすごく参考になり、現代社会はとても便利なんだなと改めて思いました。女の子や不思議なキャラクターたちがメインとなって活躍するこの映画の中では、たくましい男たちが汗水垂らして働くこのシーンはとても印象に残りました。
この映画には、他の映画のCMを見た時から心惹かれていました。そのCMでは、エルサがテーマソングを歌いながら氷の城を作るシーンが流れており、それを見ただけで感動して涙が出たくらいです。そして、実際に映画で見ても、やはり感動して泣けてしまいました。本編を見て、「ありのままの自分になるの」という心境に至るまでの長い年月、そして苦悩を知ったからこそ、あの美しくもパワフルなシーンにより胸を打たれました。
また、アナのお相手がイケメンの王子ではなく山男に落ち着くところが意外で驚きました。それに、アナの恋愛模様については一切触れられない点も好印象で、現代の恋愛観の多様化に沿った気持ちのいいストーリーであると感じました。
エルサが触れるのもが全て凍ってしまうことから、彼女は周りとの接触を避け、どんどん孤立していってしまいます。
ですが、妹のアナが姉のエルサを助けるために、奮闘していく様子が勇気ある素晴らしい作品だと思いました。しかし、二人だけの姉妹には見えない確執のようなものがあり、それがリアルな感じがして、共感を覚えることができました。
最後はエルサがようやく周りの人達にも受け入れらることができ、姉妹とも幸せに暮らせるところが、ディズニー映画らしい結末だと思いました。氷の世界は観ているだけで寒くなりそうですが、それ以上にエルサの心の寂しさを表現しているようにも感じました。
全世界中でヒット作品となった理由が十分に分かる素晴らしい作品だと思います。
アナとエルサは姉妹なのにアナだけ不思議な能力を持ってしまっていて、不思議な能力を持っている人ほど自分の能力を隠したがるところも表現がされていました。また、雪だるま作ろうを歌っているときのエルサは寂しそうでした。本当は姉妹仲良くしたのに気持ちが伝わらなくてしかも両親が2人ともいなくなってしまったときは悲しかったです。ディズニー映画は時々残酷なこともしてしまうので大人が見ていてもスリルがあります。また、ハンス王子が悪者だったなんて思わなかったです。本当の綺麗な心を持つ王子さまはクリストフで良かったです。オラフが可愛くて、時々ジョークを言うときはとても癒されてしまいました。エルサを優しくしてくれていてこちらが元気が出ました。
特殊な能力を持ったエルサがアナを危険な目に合わせないために、自分の力を封印して暮らしていたけれど自分に素直になって生きようとする姿に感動しました。
アナとエルサの姉妹の愛も感じました。
エルサのアナを大事に思う気持ちが自分自身の境遇と重なってしまい、観終わった時に泣いてしまいました。
正直ディズニー映画は映画館で見なくてもレンタルすればいいと思っていましたが、アナと雪の女王を観に行ったら考えが変わりました。
ディズニー映画でこれほどまで気持ちが動かされて、観終わってしばらくしてからも心の中にアナとエルサが居続けました。
2人を取り巻くキャラクターも個性派ぞろいで、特にオラフには最初から終わりまで笑わせられっぱなしでした。
わたしの中でディズニー至上一番面白い映画でした。
ストーリーは少し大人向けのように思い、見応えがありました。氷の国や雪山の映像がすごく綺麗で、魅せられました。劇中でエルサが歌うシーンは、とても迫力があり、これから1人で氷の城で生きていくと決めた強い心を持ち、どこか吹っ切れたような顔で歌っていた姿が印象的です。ディズニー映画としては珍しい姉妹愛を描いた物語で、アナとエルサの姉妹の絆が試される試練がありましたが、最後に2人が抱き合っていたシーンはすごく感動しました。アナがエルサを探しに行く途中で出会ったオラフがすごくいいキャラをしていて、見ていて楽しいです。オラフが夏ってどんな感じなのかな?と夢見心地で歌っているシーンは、本当にピュアで、可愛かったです。
社会現象にもなりましたが、歌と音楽が素晴らしく、ミュージカルアニメとしては子供だけでなく、大人でも十分に楽しいです。日本語字幕で英語で観るのも、日本語吹き替えで観るのも両方おすすめです。どちらもそれぞれに歌の良さがありますが、個人的には日本語吹き替えの方が歌詞が好きです。ストーリーは色々と疑問に思う点もあり、今の時代を反映したディズニーの作為も感じ、そこは対象が子供向けなのかなとも思いました。ただそこを割り切ってしまえば、ディズニーなので安心して観ることができ、ハッピーエンドでとてもいいと思います。映像もとても綺麗で、雪と冬の景色・お城などが美しいです。オラフのキャラクターは作られた感じであまり好きにはなれませんでした。
長い間ずっとお城の中で過ごしてきたアナとエルサでしたが、城の門を開け放った事により、喜び走り回るアナと、不安で想いを訴えるエルサとの心の比較がとてもよく歌に表れていて見どころとなっています。アナが楽しそうにお城のあちらこちらを回って素敵なイメージを膨らませる姿は、観ていてワクワクしました。また、街で出会ったハンス王子との運命的な出会いによって、想いを綴った歌を2人で歌い上げます。そのシーンはまるでお互いを知っていたかのような、息のあった歌い方で、一緒に踊ったり、かくれんぼをして見たりと目で追うのが楽しかったです。そしてなんといっても映像が本当に美しいです。エルサが作った雪の結晶は思わず触れてみたくなるような繊細さで、何度観ても毎回違った発見のある映画です。私は3回劇場に足を運びました。
日本語版も英語版も上映を観ました。
はじめは宣伝でエルサが歌っているのを聴いて気になり観に行きました。
映画全体としては子供向けとはいえ大人でも楽しく見れるなと思いました。
歌は宣伝のときから話題なだけあってどの曲も素敵でした。
日本語版も英語版どちらも素敵でした。
聴いていて耳に残りやすいし観た人が歌いやすいようで実は上手い下手がわかれやすいあたりは流石だと思いました。
エルサの魔法を使うシーンも素敵で氷や雪がキレイですが魅せ方もよくて氷の城を作るのもそうですが子供の時の雪を降らせるシーンも夢があっていいなと感じました。
キャラクターを現代に合わせているからといって登場人物たちの個性が消えないようにしてストーリーを進めているのが観ていて面白かったです。

\ 初めて登録する方限定 /

無料期間中に解約できます。

本ページの情報は20年4月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各公式サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。